ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』関係者が語るリイシューの意義、フィル・スペクターの功罪

ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』関係者が語るリイシューの意義、フィル・スペクターの功罪
拡大する(全3枚)
息子のダニー・ハリスン、クラウス・フォアマンなど多くの関係者たちが、50周年記念エディションとしてリイシューされたジョージ・ハリスンによる1970年の傑作『オール・シングス・マスト・パス』の制作背景を振り返る。

ビートルズと親しかったベース奏者/芸術家のクラウス・フォアマンの記憶によれば、1970年の5月末のある日、EMIスタジオ(のちのアビーロード・スタジオ)に到着した時、彼はこのあと何が待ち受けているかまったく見当もつかなかった。事前にわかっていたのは、ジョージ・ハリスンが新しいプロジェクトを始めるということ、そしてリンゴ・スターがドラムで参加するということだけ。だが気づくと、フォアマンはジョージの未発表曲を山ほどリハーサルしていた。「美しき人生」「アウェイティング・オン・ユー・オール」「マイ・スウィート・ロード」と、次から次へ合計15曲。「何曲あるのか想像もつかなった」とフォアマンは今なお驚いた様子でこう言った。「すごかった。俺たちはとにかく、ジョージの演奏になんとか合わせていたよ」

その時のセッションが、のちに『オール・シングス・マスト・パス』となるアルバムの発端だった。ビートルズが消滅して数カ月後、ジョージのアーティストとしての独り立ちを確立させた記念すべき3枚組LPだ。ジョージが作曲した楽曲に、リバーブとミュージシャン軍団を多用したプロデューサーのフィル・スペクターの録音手法が合わさって、厳粛かつ壮大ながらも、軽快でメロディアスなアルバムが生まれた(タイトルもそうだし、ジョージがフライアーパークの自宅の庭で、4つの妖精の置物に囲まれているジャケットも、ビートルズの終焉に対する彼なりの物言いと解釈できよう)。CD時代に突入すると、このアルバムは何度かリマスターやリイシューが施された。2000年にリリースされた30周年記念盤では、ジョージ最大のヒット作となった敬虔な「マイ・スウィート・ロード」を本人自らリメイクしている。

この記事の画像

「ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』関係者が語るリイシューの意義、フィル・スペクターの功罪」の画像1 「ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』関係者が語るリイシューの意義、フィル・スペクターの功罪」の画像2 「ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』関係者が語るリイシューの意義、フィル・スペクターの功罪」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ジョージ・ハリスンのプロフィールを見る
Rolling Stone Japanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ジョージ・ハリスン」に関する記事

「ジョージ・ハリスン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ジョージ・ハリスン」の記事

次に読みたい「ジョージ・ハリスン」の記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク