WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る
拡大する(全11枚)
5月14・15日に開催される「LOVE SUPREME JAZZ FESTIVAL」で、ロバート・グラスパーと同じ15日の出演が決まっているWONK。ジャズとヒップホップを背景に持ちつつ、ジャンル横断的で「エクスペリメント」なその音楽に対する姿勢は、間違いなくグラスパーと共振する部分がある。それもそのはず、彼らは2012年に発表された『Black Radio』の直撃世代で、今の日本のバンドシーンでは同じようにグラスパーからの影響を受け取った世代が多数活躍している。『Black Radio Ⅲ』が発表されたこのタイミングで、長塚健斗(Vo)、井上幹(Ba)、江﨑文武(Key)、荒田洸(Dr)の4人にグラスパーについて語り合ってもらった。

【画像を見る】WONK撮り下ろし(全6点)

4人とグラスパーの出会い
音楽の現場にもたらした影響

―みなさんそれぞれがどのようにグラスパーに出会い、どんな部分に惹かれたのかをお伺いしたいです。

荒田:最初の出会いは『Double Booked』(2009年)ですね。でも、どう出会ったんだっけな……。

江﨑:横入りして申し訳ないんだけど、当時は高校生だから、クラスの友達だけだとグラスパーに出会わなくない?

荒田:一人そういう話ができる友達がいたんだけど……でも、そいつから教わったかは定かじゃないです。それから大学に入って、ビートを作るようになって、 J・ディラとかを掘り進めていって、それくらいのタイミングで『Black Radio』が出たのかな。

この記事の画像

「WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る」の画像1 「WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る」の画像2 「WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る」の画像3 「WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る」の画像4
「WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る」の画像5 「WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る」の画像6 「WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る」の画像7 「WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る」の画像8
「WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る」の画像9 「WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る」の画像10 「WONK、ロバート・グラスパーという「青春」を振り返る」の画像11