根岸孝旨×クロダセイイチ(Genius P.J's)- 音楽だけを目標にしていると煮詰まってしまう、自分が感動するものを作りたい
拡大する(全6枚)

30歳のときに、就職をしようか迷った

クロダ:コロナ禍で音楽を続けることについていろいろ考えるようになり、自分が影響を受けた曲や場所を作ってくれた方々に改めてお話しをうかがいたいと思い、今回は根岸孝旨さんにお越しいいただきました。根岸さんに初めてお会いしたのは3、4年前です。僕が所属しているバンド・Genius P.J'sを気にかけてくれている事務所のマネージャーさんが、バンドの音源を根岸さんに渡してくれたことがきっかけで、興味を持ってくださり飲みに行ったんですよね。

根岸:音源が単純にかっこよかったんだよね。当時、日本のラップはまだディスりあいが多かったんですよ。でもGenius P.J'sは、政治的な内容でも露骨すぎないリリックだったし、なんて理性的で頭のいいラップをする人たちなんだろうと思いました。クロダくんが作るトラックはロック感が強いし、他のDJとは目の付け所が違うな、と。

クロダ:ありがとうございます、光栄です。まずは根岸さんのルーツをお聞きしたいんですけど、大学時代は細野晴臣さんと高橋幸宏さんが主宰されていたYENレーベルでバイトをされていたんですよね。

根岸孝旨×クロダセイイチ(Genius P.J's)- 音楽...の画像はこちら >>

根岸:そうです。池袋にYAMAHA東ショップというのがあって、そこにのちに仲良くなる人が集まっていたんです。当時、僕の大学の先輩がやっていたタンゴ・ヨーロッパというバンドがアルファレコードからデビューしたんですけど、僕はローディーをしていたんですよ。そしたらアルファレコードの人が、「あいつはよく働くぞ」って思ってくれたようで(笑)。ゲルニカのディレクターの方が、「これから新しくYENレーベルっていうレーベルを立ち上げるんだけど、ゲルニカのスタッフがいないから手伝ってくれないか」って声をかけてくれたんです。新宿の「ツバキハウス」とかで幸宏さんがライブをやるときに、僕はローディーとして現場に行ってたんですよ。それが1980~81年のころですね。


この記事の画像

「根岸孝旨×クロダセイイチ(Genius P.J's)- 音楽だけを目標にしていると煮詰まってしまう、自分が感動するものを作りたい」の画像1 「根岸孝旨×クロダセイイチ(Genius P.J's)- 音楽だけを目標にしていると煮詰まってしまう、自分が感動するものを作りたい」の画像2 「根岸孝旨×クロダセイイチ(Genius P.J's)- 音楽だけを目標にしていると煮詰まってしまう、自分が感動するものを作りたい」の画像3 「根岸孝旨×クロダセイイチ(Genius P.J's)- 音楽だけを目標にしていると煮詰まってしまう、自分が感動するものを作りたい」の画像4
「根岸孝旨×クロダセイイチ(Genius P.J's)- 音楽だけを目標にしていると煮詰まってしまう、自分が感動するものを作りたい」の画像5 「根岸孝旨×クロダセイイチ(Genius P.J's)- 音楽だけを目標にしていると煮詰まってしまう、自分が感動するものを作りたい」の画像6