日本からテレビ市場を奪った韓国、「今度は中国が韓国から奪う番だ」=中国報道

日本からテレビ市場を奪った韓国、「今度は中国が韓国から奪う番だ」=中国報道
中国メディアはこのほど、韓国企業が液晶ディスプレー技術を通じて日本企業からテレビ市場を奪い取ったように、「中国企業も韓国から市場を奪うことができるだろうか」と問いかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)(サーチナ)
       
 日本はかつて「テレビ」や「液晶ディスプレー」で圧倒的なシェアと競争力を持っていたが、韓国や台湾企業に市場を奪われてしまった。そして、現在は中国企業が台頭しつつあると言われているが、日本はテレビでも液晶ディスプレーでも存在感を失って久しい。

 中国メディアの電科技はこのほど、韓国企業が液晶ディスプレー技術を通じて日本企業からテレビ市場を奪い取ったように、「中国企業も韓国から市場を奪うことができるだろうか」と問いかける記事を掲載した。

 記事は、中国のテレビメーカーは中国国内でこそ圧倒的なシェアを獲得しているが、世界市場はまだ「打開」することができていないと指摘し、ディスプレー産業と大きな関わりがあるテレビ市場で最も大きな競争力を持つのは韓国のサムスンとLGであると紹介した。

 一方、一昔前に目を向けてみれば「現在とは全く異なり、テレビを含めた家電産業は日本企業の天下だった」と指摘し、テレビがブラウン管だったころは日本企業が世界中でテレビを売りまくっていたことを指摘し、当時の韓国企業はテレビの基幹技術など持っていなかったと主張した。

 その後、テレビ産業を大きく変えることになる液晶ディスプレーという技術が登場しても、一部の日本企業を除いて液晶ディスプレーには関心を示さなかったが、韓国企業は液晶技術の潜在力を見抜き、韓国政府の支援のもと莫大な資金を研究開発に投下したと紹介、円高とウォン安という外部環境も有利に働いた韓国企業が液晶テレビで日本企業からシェアを奪うことに成功したのだと論じた。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月20日の中国記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。