松屋フーズが運営する牛丼チェーン「松屋」は6月25日午前10時、一部店舗を除く全国の店舗で「カルビホルモン丼」を発売する。

【関連記事】松屋「うな丼」発売、今年は特製のタレを刷新、4度つけ4度焼きで“外はパリっと、中はふんわり”、土用の丑の日に先駆け「うなぎコンボ牛めし」と合わせて販売開始

「カルビホルモン丼」は、“暑くなる季節に食べたくなる”、夏のスタミナ新メニュー。
ぷりっと噛み応えのあるホルモンに、鉄板でジューシーに焼き上げたカルビ肉、食感の良いにんにくの芽を合わせて、コチュジャンがかおる“濃厚コク旨もつダレ”を絡めている。

にんにくの強い旨味と風味を効かせたタレが牛カルビとホルモンの美味しさを引き立てており、にんにくの芽の食感と味わいがアクセントになって、ご飯はもちろん、ビールも進む丼だという。

価格は、税込980円。テイクアウト(持ち帰り)可能。テイクアウトの場合はみそ汁はつかず、別途税込60円で購入する必要がある。
松屋「カルビホルモン丼」6月25日発売、牛カルビ&ホルモンをニンニクが引き立てる夏のスタミナメニュー
松屋「カルビホルモン丼」
松屋「カルビホルモン丼」
【関連記事】松屋「極厚200gトンテキ定食」6月11日発売、分厚い豚肉に“にんにくソース”でパンチも食べ応えも満点

なお、松屋では6月18日から、「うな丼」を販売している。
うなぎの旨味を引き出す特製のうな丼タレを刷新し、つけては焼いてを4度繰り返し行うことで外はパリっと、中はふんわりを実現したメニュー。
松屋「カルビホルモン丼」6月25日発売、牛カルビ&ホルモンをニンニクが引き立てる夏のスタミナメニュー
松屋 「うな丼」
松屋 「うな丼」