井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換

井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換
拡大する(全11枚)

大阪・関西万博の開催テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。
2020年代、ふたつの世界的イベントが日本で開催される。
ひとつは2021年に延期された東京五輪、そしてもうひとつが2025年に大阪で開催予定の大阪・関西国際博覧会(以下、万博)だ。日本政府は、万博の経済効果を全国で約2兆円と試算、21年東京五輪・パラ五輪後の日本の景気浮揚策に位置付けている。「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに、少子高齢化や貧困、エネルギーなどの課題を解決するため、国内と世界から最先端技術や英知を集め、国連が掲げる「持続可能な開発目標」(SDGs)にもつなげる狙いだ。この万博を契機に、新しいテクノロジーやサービスの事業化で社会貢献する日本のスタートアップの更なる活躍を期待したい。

2020年10月に発足した菅内閣の国際博覧会担当大臣である井上信治大臣(以下、井上大臣)は、内閣府特命担当大臣(科学技術政策)としてスタートアップ・エコシステムの形成も担当する。
折しも、東京一極集中の様相を呈しているスタートアップ領域において、大阪を中心とした関西エリアが、政府から「スタートアップ・エコシステム拠点都市」として指定された。大阪大学、京都大学、神戸大学などの最先端技術の事業化を目指すスタートアップが増加し、周囲の支援環境も活気を帯びてきている。

今般、井上大臣が、関西のスタートアップとの交流・意見交換のために大阪を訪れた。その背景には万博のテーマである「未来社会のデザイン」の推進のため、スタートアップの動きを後押ししていく狙いがある。
この記事では、当メディアを運営するフォースタートアップス株式会社(以下、for Startups)が、スタートアップ・エコシステム形成の動きをフォローするため、井上大臣の視察に内閣府スタッフと同行し、その概要をレポートする。


この記事の画像

「井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換」の画像1 「井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換」の画像2 「井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換」の画像3 「井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換」の画像4
「井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換」の画像5 「井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換」の画像6 「井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換」の画像7 「井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換」の画像8
「井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換」の画像9 「井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換」の画像10 「井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換」の画像11

当時の記事を読む

STARTUP DBの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「井上内閣府特命担当大臣、関西のスタートアップと意見交換」の みんなの反応 15
  • 匿名さん 通報

    霞ヶ関東急ビル周辺も異様な疾患多いな?主犯は沼津のメガネのデブ相続財産管理人だろ?何処までロータリークラブ癒着地域あるんだ?

    3
  • 匿名さん 通報

    精巣卵巣へレーダー攻撃して子供(相続人)を殺害する国際法違反か、沼津に多い相続財産管理人ロータリークラブ弁護団らしいな?浜松からも上陸するとはテロに近いな?

    3
  • 匿名さん 通報

    「覚えてろよ」が口癖の沼津ロータリークラブ相続財産管理人弁護団だろ?死亡保険金や相続財産目的でレーダー殺害やってるなよ?

    3
この記事にコメントする

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク