「被災地の復興の記憶を風化させたくない」。『東北復興文庫』立ち上げ“本”に

「被災地の復興の記憶を風化させたくない」。『東北復興文庫』立ち上げ“本”に
拡大する(全10枚)

東日本大震災の発生から約10年、東北の片隅で、地域の復興・再生に向けて地道に挑戦し闘い続けている人がいる。コワーキングスペースの運営やNPOの支援など行う一般社団法人グラニー・リデトの代表理事・桃生和成さんは、10年経った今だから語れる東北の復興後の事業のモデルやそこで得た知見を、全国の被災地復興に取り組む方々へ向けて伝えたいと、東北の復興をテーマにした出版レーベル「東北復興文庫」を立ち上げた。桃生さんと「東北復興文庫」第1弾の著者である亀山貴一(たかかず)さんに話を聞いた。

被災地の経験を残す出版レーベルを立ち上げた

東日本大震災の発生から約10年が経つ2021年2月13日、23時過ぎに福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生し、福島と宮城では最大震度6強の揺れを観測した。東日本大震災の余震とも伝えられ、SNSでは「東日本大震災の記憶が蘇った」「震災を忘れるな、という警告のように思った」という声がいくつも見られた。

記憶が風化しつつある東日本大震災から得た教訓、取り組みを次世代にしっかり残したい。そんな思いで出版レーベル「東北復興文庫」を立ち上げた桃生和成さんは、大学を卒業した2008年にNPO法人せんだい・みやぎNPOセンターに入職。多賀城市市民活動サポートセンターのスタッフを約8年間務める間に東日本大震災が発生。多賀城市は市の面積の約1/3が浸水し、250人が亡くなった。桃生さんは避難所の調査をしたり、市外・県外から来る支援のコーディネートやボランティア受け入れセンターのバックアップなど、震災復興に関わる仕事をしていた。


この記事の画像

「「被災地の復興の記憶を風化させたくない」。『東北復興文庫』立ち上げ“本”に」の画像1 「「被災地の復興の記憶を風化させたくない」。『東北復興文庫』立ち上げ“本”に」の画像2 「「被災地の復興の記憶を風化させたくない」。『東北復興文庫』立ち上げ“本”に」の画像3 「「被災地の復興の記憶を風化させたくない」。『東北復興文庫』立ち上げ“本”に」の画像4
「「被災地の復興の記憶を風化させたくない」。『東北復興文庫』立ち上げ“本”に」の画像5 「「被災地の復興の記憶を風化させたくない」。『東北復興文庫』立ち上げ“本”に」の画像6 「「被災地の復興の記憶を風化させたくない」。『東北復興文庫』立ち上げ“本”に」の画像7 「「被災地の復興の記憶を風化させたくない」。『東北復興文庫』立ち上げ“本”に」の画像8
「「被災地の復興の記憶を風化させたくない」。『東北復興文庫』立ち上げ“本”に」の画像9 「「被災地の復興の記憶を風化させたくない」。『東北復興文庫』立ち上げ“本”に」の画像10

当時の記事を読む

SUUMOジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。