オルゴールのイメージを変えた!「楽器オルゴール」製作者・永井淳さん

TBSラジオで毎週土曜日、午後1時から放送している「久米宏 ラジオなんですけど」。

9月7日(土)放送のゲストコーナー「今週のスポットライト」では、オルゴール製作者の永井淳さんをお迎えしました。

オルゴールのイメージを変えた!「楽器オルゴール」製作者・永井淳さん

小さな箱からポロンポロンとかわいらしい音がこぼれてくる…そんなオルゴールのイメージを大きく変えるのが、永井さんが開発・製作している「楽器オルゴール」です。世界的メーカーの技術者を驚かせ、作曲家・坂本龍一さんにも認められたその音色の秘密は…。
オルゴールのイメージを変えた!「楽器オルゴール」製作者・永井淳さん

60歳からオルゴール作り

永井淳さんは1937年、東京都生まれ。中野区に工房を構え、オルゴールの音を共鳴させる「箱」を作っています。でも、作り始めたのは60歳になってから。元々は学習塾を長年、経営していました。5歳上のお兄さん(当時20歳)が、家庭教師では効率が悪いということで自宅で塾を開いたので、15歳だった永井さんも一緒に講師として手伝うように。その後、高校・大学・大学院に行きながら講師を続け、そのまま経営者に。最盛期は700人の子供たちが通っていたそうです。

永井さんの人生が面白いのはここからです。家族の事情もあって塾をたたんで、新たに建築の仕事を始めます。そのときが50歳。親類が経営している建築事務所で実務を積んで、57歳で二級建築士、60歳で一級建築士の資格を取得。インテリアの設計を手がける中で「江戸指物(さしもの)」の技術に興味を持ち、東京の職人に学ぶようになりました。そして指物の技術を使ってティッシュボックスを作り、義理の弟さんにプレゼントしたのですが、これが世界的なオルゴールメーカーとして知られる日本の三協精機(現・日本電産サンキョー)の目にとまり、永井さんはオルゴールの箱の製作を依頼されたのです。身内に贈ったティッシュボックスがどうしてオルゴールメーカーの目にとまったのかというと、実は義理の弟さんが勤めていたのが三協精機だったのです。

オルゴールのイメージを変えた!「楽器オルゴール」製作者・永井淳さん


あわせて読みたい

坂本龍一のプロフィールを見る
TBSラジオの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」のニュース

次に読みたい関連記事「ケラリーノ・サンドロヴィッチ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「中川晃教」のニュース

次に読みたい関連記事「中川晃教」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月8日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。