宇多丸、『あの頃。 』を語る!【映画評書き起こし】
拡大する(全3枚)

ライムスター宇多丸がお送りする、カルチャーキュレーション番組、TBSラジオ「アフター6ジャンクション」。月~金曜18時より3時間の生放送。

『アフター6ジャンクション』の看板コーナー「週刊映画時評ムービーウォッチメン」。ライムスター宇多丸が毎週ランダムに決まった映画を自腹で鑑賞し、生放送で評論します。
今週評論した映画は、『あの頃。』(2021年2月19日公開)です。

宇多丸、『あの頃。 』を語る!【映画評書き起こし】の画像はこちら >>

宇多丸:
さあ、ここからは私、宇多丸が、ランダムに決まった最新映画を自腹で鑑賞し評論する、週刊映画時評ムービーウォッチメン。今夜扱うのは、2月19日から劇場公開されているこの作品、『あの頃。』。

松浦亜弥『桃色片想い』が流れる)

……すげえ曲だよな、これな。はい。劔樹人さんの自伝的コミックエッセイ『あの頃。男子かしまし物語』を松坂桃李主演で映像化した、大人の青春物語。うだつの上がらない生活を送っていた劔は、松浦亜弥が『桃色片想い』を歌う姿を見て、ハロー!プロジェクトのアイドルに夢中になる。やがて個性豊かな「ハロプロあべの支部」の面々たちと知り合った劔は、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌するのだが……ということでございます。松坂桃李の他、仲野太賀や山中崇若葉竜也さんなどがハロヲタを熱演。あと、ロッチコカドケンタロウさんが、後に赤犬のボーカルとなるイトウことタカ・タカアキさんを演じられております。監督は、『愛がなんだ』の今泉力哉さんが務めた、ということです。


この記事の画像

「宇多丸、『あの頃。 』を語る!【映画評書き起こし】」の画像1 「宇多丸、『あの頃。 』を語る!【映画評書き起こし】」の画像2 「宇多丸、『あの頃。 』を語る!【映画評書き起こし】」の画像3