一生に一度!イタリア・カプリ島「青の洞窟」現地ルポ【TABIZINE BLUE WEEK】

世界的に有名な青の洞窟。「入れたらラッキーと」言われている所以はご存知ですか?

「一生に一度」は訪れる価値がありますが、筆者は「一生に一度」でいいや、とも思いました(笑)! くわしくは本文をご覧ください。

そもそも「青の洞窟」とは
イタリア南部、ナポリの近くのカプリ島にあります。ちなみにレオナルド・ディカプリオの苗字は、「カプリ島の」の意。

一生に一度!イタリア・カプリ島「青の洞窟」現地ルポ【TABIZINE BLUE WEEK】


洞窟は、幅25m、奥行60m。そしてその入口は幅が2m、高さが1mという狭さ。普通の洞窟なら中が暗いのに、水が青く発光しています。これは、洞窟の入口の下、水中にもう一つ穴が開いていて、そこから差し込む太陽光のせい。光が水中を通過する際、赤い反射光が除かれて、青色だけが洞窟内に届くのだそうです。

訪れるべき時期・時間帯
必ずしも入れるとは限らないのがこの洞窟。最もよいのは夏の晴れたお昼です。筆者が訪れたのは6月末の昼でした。

波が荒いと高さのない洞窟の入口が塞がるので、1月から3月初旬の時期、夕方は船が出ない率が高まります。2016年、最も入場率が高かったのが8月の74%。2月と12月はなんと0%!

昼から2時くらいまでが一番光が強くて美しいそうです。午前中もいいとか。

青の洞窟にたどり着くまで
ナポリからフェリーかジェット船でカプリ島へ。島の港から洞窟の近くまでモーターボートで行き、洞窟に入る順番を待ちます。あたりは待機中の船でいっぱい。長ければ1~2時間待ち。

一生に一度!イタリア・カプリ島「青の洞窟」現地ルポ【TABIZINE BLUE WEEK】


エンジンを切ると、船は波の影響をもろに受け、どっぷん、どっぷん、大きく揺れます。薬は飲んでいましたが、絶対酔うと思い、空いているスペースで横にならせてもらいました。三半規管を横にする作戦です。変な人と思われた方が船酔いで迷惑をかけるよりマシです。

あわせて読みたい

TABIZINEの記事をもっと見る 2017年5月11日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。