純烈、4年連続『紅白』出場も「曲順はいつ発表?」 当日の演出も知らず「着物もアリです」 
拡大する(全1枚)
全員着物姿でイベントに登場した純烈
ムード歌謡グループの「純烈」(酒井一圭、白川裕二郎、小田井涼平後上翔太)が20日、「二代目 きもののうたオーディション」最終審査・授賞式イベントに出席した。審査員を務めて自身も歌を披露したが、約10日後に迫った大晦日の『NHK紅白歌合戦』の詳細を本人たちもまだ聞いていないと漏らした。

「きもの、きもの、きものが着られる~」のフレーズでお馴染みの日本和装のCMテーマ曲『きもののうた』。この曲をアレンジして自らパフォーマンスするオーディションが開催され、審査員を務めた純烈の4名も着物姿で登場した。


オーディションではいつものスーツ姿ではなく着物姿のまま『星降る街角』を歌い踊ったが、大相撲の元力士で着物を着慣れているはずの白川裕二郎でさえ「着物で歌わせていただくことはなかなかなくて、しかも足が雪駄なんですよ。足の踏ん張りが効かなくて雪駄がいつ脱げるかドキドキしながら歌わせていただきました」と歌やダンスとなると難しかったようだ。それでも4年連続となる大晦日の『NHK紅白歌合戦』について「今年のアイデアとして着物を着て歌うのはどうか?」と聞かれると、酒井一圭が「アリだと思います」とにんまり。「いつ曲順とか発表されるんですかね?」と逆質問してから「いつもやったら、もうそろそろ…。まだ純烈がどういう演出か聞かされていない状況なので、着物もまだ差し込む可能性もホンマにあります」と回答した。


着物について白川は「相撲部屋を辞めてから着物を着る機会がものすごく少なくなったので、今日こうして着て、日本人として日本の文化として一枚持っておきたいなと思いました」と改めて着物に注目したようだ。白川が「今はこっちがお相撲さんのみたいでね」とお腹が出た酒井一圭をいじると酒井も「余計なこと言うな」と文句を言い、笑い声が起きた。そんな酒井は「この方がラク」と着物の着心地が気に入ったようで、