あす24日九州~東海で激しい雨 晴れる所も雷雨注意 北日本や...の画像はこちら >>

あす24日も西日本や東海を中心に断続的に雨が降り、激しく降ることも。晴れる所でも、突然の激しい雨や雷雨にご注意ください。

また、きょう23日は記録的な暑さとなった北日本や北陸を中心にあす24日も猛烈な暑さが続くでしょう。熱中症に厳重警戒を。

きょう23日 四国の太平洋側で雨量増える 近畿でどしゃ降り

あす24日九州~東海で激しい雨 晴れる所も雷雨注意 北日本や北陸は危険な暑さ続く

きょう23日は、本州付近には暖かく湿った空気が流れ込んでいる上、西日本の上空には寒気が南下し、大気の状態が非常に不安定となっています。午後5時20分までの24時間降水量は、徳島県上勝町福原旭(かみかつちょう・ふくはらあさひ)で211.5ミリ、那賀町木頭出原(なかちょう・きとういずはら)では196.5ミリに達するなど、四国の太平洋側を中心に多い所で200ミリ前後のまとまった雨が降りました。

午後6時現在、徳島県に発表されていた「土砂災害警戒情報」は解除されました。ただ、徳島県や島根県兵庫県に大雨警報が発表されている所があります。

今夜にかけて、崖の近くなど土砂災害の発生しやすい地区にお住まいの方は、十分に警戒してください。

あす24日 九州~東海は断続的に雨 激しい雨も 晴れる所も雷雨注意

あす24日九州~東海で激しい雨 晴れる所も雷雨注意 北日本や北陸は危険な暑さ続く

あす24日にかけて、九州から近畿、東海では断続的に雨が降り、雷を伴ったり、激しく降る所があるでしょう。
日中はいったん日が差しても、油断はできません。突然空が暗くなってきたら、再び大雨となる恐れがあります。

また、関東甲信や北陸も変わりやすい天気が続くでしょう。広い範囲で日が差しますが、日中は急にざっと雨が強まったり、一時的ににわか雨の所がある見込みです。

外出の際は、短い時間でも雨具を備えてお出かけください。

東北や北海道は晴れる所が多いですが、気温が上昇するにつれて、局地的に雨雲が発達しやすくなるでしょう。

あす24日も北日本や北陸で8月下旬とは思えない危険な暑さ 25日まで続く

あす24日九州~東海で激しい雨 晴れる所も雷雨注意 北日本や北陸は危険な暑さ続く

きょう23日は、新潟県長岡市で39.0℃を観測したほか、秋田市で38.5℃まで上がり1882年の統計開始以来最も高い気温を記録しました。また、北海道札幌市では36.3℃まで上がり、今年初めての猛暑日となったほか、1876年の統計開始以降、「最も高い気温」、「最も遅い猛暑日」となりました。

上の図は、気象庁がきょう23日午後5時に発表したあす24日の予想最高気温です。
北日本や北陸の猛烈な暑さはとどまらず、新潟市で38℃、秋田市で36℃、札幌市で35℃まで上がり、8月下旬とは思えない危険な暑さが続く見込みです。

あす24日は100地点以上で猛暑日が予想されていますが、そのうちの9割以上が、北陸や東北、北海道となっています。日中の外出はできる限り控えて、部屋の中でも暑さに決してがまんをせず、エアコンを使用するなど対策を行ってください。

また、関東から九州にかけては33℃前後の所が多くなりますが、湿度が高いためかなり蒸し暑く、うだるような暑さが続きそうです。どこにいても熱中症対策が欠かせません。

8月もあと10日あまりとなりますが、まだ8月末にかけて広い範囲で残暑が厳しい見込みです。寝苦しい日が続きますが、できるだけ夜間もエアコンなどで部屋を涼しくして、しっかり睡眠をとって体調を整えてください。