ナダル、史上最多21度目のグランドスラム優勝へあと1勝! ベレッティーニ下して3年ぶり6度目の決勝進出[全豪オープン]

ナダル、史上最多21度目のグランドスラム優勝へあと1勝! ベレッティーニ下して3年ぶり6度目の決勝進出[全豪オープン]
拡大する(全1枚)
ナダル、ベレッティーニの粘りを抑えて全豪6度目の決勝進出

1月28日、全豪オープン男子シングルス準決勝が行われ、第6シードのラファエル・ナダル(スペイン/世界ランク5位)は、第7シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア/同7位)を6-3、6-2、3-6、6-3で下し、3年ぶり6度目の決勝に進出。男子では史上最多となるグランドスラム21度目の優勝まであと1勝とした。

【動画】ナダルが13年ぶりの全豪制覇へあと1勝! 勝利の瞬間&準決勝マッチハイライト

両者の対戦は、2019年USオープン準決勝の1試合のみで、ナダルが7-6(6)、6-4、6-1で勝利。今回が約2年5ヵ月ぶりの対戦となった。

第1セット、ナダルはベレッティーニのバックハンドを集中的に狙ってミスを誘う。もちろんベレッティーニもケアしたいのだが、持ち味の力のあるショットでナダルを押し込むことができず。ナダルは、コースを読ませないようにフォアハンドにも的確に配球し、ラリーの主導権を握る。結局、第2ゲームで作ったリードを守ったナダルが、大事な第1セットを奪うと、続く第2セットでも勢いは止まらず2ブレーク。2セットを連取し、勝利まであと1セットとする。

ベレッティーニもこのまま終わるわけにはいかず、第3セットでは、一本一本丁寧なストロークを放ち、粘りを見せてリズムを作っていくと、第8ゲームでフォアハンドの強打でブレークに成功。セットを奪い返す。第4セット途中までサービスゲームでナダルにポイントを与えないベレッティーニは、息を吹き返したように見えた。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Tennis Classicの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「全豪オープン」に関する記事

「全豪オープン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「全豪オープン」の記事

次に読みたい「全豪オープン」の記事をもっと見る

スポーツ総合ニュースランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク