「鉄道技術展2021」に見た鉄道の未来(中編) 「なぜ鉄道は、人を惹きつけるのか」 デザイナーズ・イブニングで考える【コラム】
拡大する(全6枚)
RDEではスピーチ、ディスカッション、プレゼンに続いて情報交流会が開かれ、参加者がフリーに情報交換しました(筆者撮影)

2021年11月24~26日に千葉市の幕張メッセで開かれた、「鉄道技術展2021」の連載コラム2回目です。今回は、鉄道ファンの皆さんにも興味を持っていただけそうな話題として、なぜわれわれは鉄道に惹(ひ)かれるのかを考えてみました。

ビジネス志向の展示会とは趣向を変え、会期2日目に開かれたのが、7回目の「レイルウェイ・デザイナーズ・イブニング(RDE)」です。キーノートスピーチ(基調講演)とパネルディスカッション、それに鉄道車両デザイナーによるプレゼンテーションが行われたRDE、テーマは「どうして鉄道は、人を惹きつけるのか~技術だけでは語れない、鉄道の魅力を探る」。会場では、「人間が本能的に持つ、早く遠くへ行きたいという深層心理の文化と、鉄道技術の間を取り持ち、人々を空想の世界にいざなうのが鉄道デザインだ」といった、深遠な話も飛び出しました。

鉄道デザイン界のレジェンドがスピーチ

まずはRDEを簡単にご案内。最近の鉄道は、列車や駅などデザインの重要性が増しています。鉄道技術展の一環として、メーカーや鉄道事業者に加え、デザイン事務所、フリーで活動するデザイナーが情報交換する場として設けられたのがRDEです。

自動車業界では、デザイナーの懇親の場として「オートモーティブ・デザイナーズナイト」が、東京モーターショーにあわせて開催されます。RDEは、その鉄道版という位置づけ。多くの講演やセミナーがあった鉄道技術展ですが、趣味的な視点を持つのはRDEが唯一といえるでしょう。


この記事の画像

「「鉄道技術展2021」に見た鉄道の未来(中編) 「なぜ鉄道は、人を惹きつけるのか」 デザイナーズ・イブニングで考える【コラム】」の画像1 「「鉄道技術展2021」に見た鉄道の未来(中編) 「なぜ鉄道は、人を惹きつけるのか」 デザイナーズ・イブニングで考える【コラム】」の画像2 「「鉄道技術展2021」に見た鉄道の未来(中編) 「なぜ鉄道は、人を惹きつけるのか」 デザイナーズ・イブニングで考える【コラム】」の画像3 「「鉄道技術展2021」に見た鉄道の未来(中編) 「なぜ鉄道は、人を惹きつけるのか」 デザイナーズ・イブニングで考える【コラム】」の画像4
「「鉄道技術展2021」に見た鉄道の未来(中編) 「なぜ鉄道は、人を惹きつけるのか」 デザイナーズ・イブニングで考える【コラム】」の画像5 「「鉄道技術展2021」に見た鉄道の未来(中編) 「なぜ鉄道は、人を惹きつけるのか」 デザイナーズ・イブニングで考える【コラム】」の画像6