カミンスキーが磐田退団の経緯を明かす 「新しいものを探す時がきたと……」

カミンスキーが磐田退団の経緯を明かす 「新しいものを探す時がきたと……」

5年間にわたって磐田のゴールマウスを守ったカミンスキー photo/Getty Images

日本社会についても語る

5年間にわたってジュビロ磐田のゴールマウスを守ったGKクシシュトフ・カミンスキー。“カミック”の愛称で親しまれ、Jリーグで数々のスーパーセーブを披露した彼だが、8日にはクラブから契約満了による退団が発表された。磐田の人々にとっては辛い別れとなったことだろう。

日本で通算153試合に出場し、2017年にはJリーグの優秀選手賞も受賞した守護神。その実績から現在、一部では国内他クラブへ移籍する可能性も報じられている。しかし、どうやら本人にその気はなさそうだ。ポーランド『WESZLO』のインタビューに登場したカミンスキーは退団に至った経緯や自身の考えていたことなどについて次のように語っている。

「僕はどの方向に進むべきなんだろうと考えていたんだ。シーズンを通してジュビロと契約延長の話し合いも行ったけど、新しいものを探す時がきたと思った。シーズンの終わり頃には、ヨーロッパへ戻りたいとも思っていたね。ただ日本での扉を閉めることはしないよ。心地よい場所だから、いつかあそこへ帰ろうと思う。でも、ずっと日本に留まることは想像できなかったんだ」

「日本は豊かな国だ。でも自分がキャリアを終えたのちに彼らの国でラットレースには参加したくなかった。日本人は仕事に忙殺されている。自殺率が高いのは決して理由がないわけではないよ。人々はキャリアを追求しすぎるあまり、それに対処できていないんだ」

カミンスキーは磐田と契約を延長する選択肢もあったが、引退後のキャリアを考慮した上で今回の決断に至ったと話している。自分の人生は選手を引退した後も続く、そう考えてのことだったようだ。

とはいえ、今回の発言でカミンスキーは将来的に再び日本へ帰ってくる可能性にも含みを持たせている。はたして、このポーランド人守護神のスーパーセーブをまたいつかJリーグで見ることはできるのだろうか。送り出す言葉は「さようなら」でなく、「またね」がふさわしいかもしれない。

●電子マガジンtheWORLD(ザ・ワールド)最新号を無料で公開中!

最新号のテーマは「V字回復の処方箋」。低迷のビッグクラブに活路はあるか!?
こちらから無料でお読みいただけます。

http://www.magazinegate.com/theworld/

あわせて読みたい

theWORLD(ザ・ワールド)の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ジュビロ磐田 + 移籍」のおすすめ記事

「ジュビロ磐田 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「ジュビロ磐田 + 大久保嘉人」のおすすめ記事

「ジュビロ磐田 + 大久保嘉人」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月12日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. ジュビロ磐田 中村俊輔
  2. ジュビロ磐田 名波浩
  3. ジュビロ磐田 大久保嘉人

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。