遠藤航に代わるアンカー候補は 中盤でのオプションに初招集の後輩の名も?
拡大する(全1枚)

遠藤航に代わるアンカー候補は 中盤でのオプションに初招集の後...の画像はこちら >>

日本代表初選出となった伊藤洋輝 photo/Getty Images

CBの層が厚い日本代表

日本代表はブラジル代表などと対戦する6月のメンバーを発表。中盤には遠藤航や田中碧、守田英正といった選手たちや原口元気柴崎岳といった面々が招集されている。ただ遠藤以外のメンバーはインサイドハーフでの起用が多い。遠藤のようにアンカーを務め上げる選手は少ないのが現状だ。

田中や守田は川崎フロンターレ時代に[4-1-2-3]のアンカーを務めており、彼らも頭数には入る。しかしインサイドハーフも人材が多いとはいえず、アンカーを任せるには原口や柴崎の奮起が必要となってくる。

そこで層の厚いセンターバックの選手たちからアンカー候補を見つけるのはどうだろうか。日本代表は吉田麻也に冨安健洋、板倉滉に谷口彰悟と守備陣の層が厚い。加えて今回は伊藤洋輝が初招集となっており、守備陣にも新戦力が入った。シュツットガルトではセンターバックやサイドバックを務めている彼だが、同クラブの先輩である遠藤のようにアンカーで試してみるのもアリではないか。

ジュビロ磐田時代にもセンターバックで主力となった同選手だが、ボランチでもプレイ可能であり、2020年には2試合ながら先発でも経験。中盤から左足で精度の高いロングボールを供給することができれば、スピードのある前線の選手が多い日本も生きることだろう。左サイドバックでの出場も考えられるが、長友佑都や中山雄太といった主力との勝負となる。第1候補ではなくても、伊藤のオプションとしてアンカー起用の可能性も考えられる。