膨張している債務風船を突付く新型コロナと原油下落
拡大する(全1枚)

ドル/円は大相場

ドル/円は久々の大相場となっています。


 昨年の年間レンジは8円強でしたが、今年は2月20日に1ドル=112円台の高値を付けてから、わずか2週間強で101円台前半まで売られ、年間レンジは約11円となっています。毎日の値動きも1円以上動いており、3月9日(月)は約3円70銭も動きました。9日に1ドル=101円台を付けましたが、10日には105円台に戻しました。大きな戻しがあったため、この相場は落ち着くとの見方がありますが、まだまだ荒れる相場が続きそうです。


 今後の相場を展望するためにも110円を割れてからの動きを振り返ってみたいと思います。


新型コロナウイルスの猛威で急速に1ドル=101円台に

 新型コロナウイルスが世界各国へ感染拡大するにつれ、世界景気の悪化懸念から株が大幅に下落。ドル/円は2月27日(木)に110円をあっさりブレイクしました。株安とともに円高は止まらず、108円、107円のテクニカルポイントで止まるかと思えば、3月6日(金)には1ドル=105円まで円高となりました。この間、3日にFRB(米連邦準備制度理事会)が0.50%の緊急利下げをしましたが、株安には歯止めとならず、むしろ、景気悪化懸念が高まったことから長期金利が一段と下がり、ドル安となりました。


 1ドル=105円は心理的にも非常に重要なポイントですが、6日のNYダウ平均株価が1,000ドル近くの下げから256ドル安まで戻したことや、米10年債金利も0.6%台から0.7%台後半まで戻したことから。105円台前半で先週を終えました。