バイデン氏勝利の「円高」は続かない? マーケットが考える「最悪シナリオ」が現実に
拡大する(全4枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは106.36下値メドは102.81

今朝の天気マークは「くもり」


※天気の判定基準は記事末尾にあります

ビッグ・ウェンズデーは来なかった


 2020年最後の大イベント、米大統領は大接戦でとなりました。ただしバイデン氏有利の見方に変わりはなく、現時点の勝利確率は80%以上あります。選挙当日の11月5日こそトランプ氏が激戦州を制して大攻勢をかけましたが、逆転は難しい。というのは、これから集計結果が発表される郵便投票は、バイデン支持者の方が多いといわれているからです。ペンシルバニア州の不在者投票では、すでにバイデン氏の大量リードが伝えられています。トランプ陣営は、郵便投票に「大掛かりな不正疑惑」があるとして裁判に持ち込むつもりで、最終的決着は年越しになりそうです。


 ただ、確かなことがあります。それは、多くが予想していた民主党の圧倒的勝利、上下両院ともに民主党が制する、いわゆるブルーウェーブはおきなかったということ。もうひとつ付け加えるなら、4年前の大統領選挙やブレグジット国民投票でも予想が当たらなかったリサーチ会社に対する信頼性が今回でさらに低くなったことでしょうか。


 バイデン民主党圧勝というシナリオがくずれたことで、マーケットは急遽「ブルーウェーブ」ポジションの手じまいを進めています。ドル/円は、ドルショートの買い戻しが入り10月26日以来の105円台となる105.33円まで上昇。しかし、その後は再びリスクオンのドル売りが優勢となって104.15円まで下落。終値は104.50円でした。上下に振れたものの、結局は元のレベル。


この記事の画像

「バイデン氏勝利の「円高」は続かない? マーケットが考える「最悪シナリオ」が現実に」の画像1 「バイデン氏勝利の「円高」は続かない? マーケットが考える「最悪シナリオ」が現実に」の画像2 「バイデン氏勝利の「円高」は続かない? マーケットが考える「最悪シナリオ」が現実に」の画像3 「バイデン氏勝利の「円高」は続かない? マーケットが考える「最悪シナリオ」が現実に」の画像4