乱高下のポンド「その通貨、凶暴につき」  なぜ、英国は「合意なき離脱」に進むのか?
拡大する(全3枚)

本日のレンジ予測

[本日のドル/円]上値メドは104.75下値メドは103.10

今朝の天気マークは「くもり」


※天気の判定基準は記事末尾にあります

ポンドの乱高下、今年いっぱい続きそう


 14日週明けの東京市場の朝に、ポンドが急上昇。
英国とEU(欧州連合)がブレグジットを巡る貿易交渉を継続することで合意したのが理由。英国のジョンソン首相が、合意なき離脱の道を選ぶという見方も少なからずあったなかで、最悪の事態を避けられたという安堵感がポンド買いにつながりました。


 この日ポンド/円は、先週金曜日(11日)の終値(137.63円)から1.30円高い138.93円でオープン。欧州時間にも上値を伸ばして139.43円をつけました。11日の安値136.79円から1営業日で2.64円の上昇。


 英国ではコロナ感染が広がるなかで、政府の対応失敗(Go To Eatで感染者急増)もあって、ロンドンが厳しい移動制限下に置かれるなど深刻な状況。さらに今ここでEU離脱を決行して「経済を崩壊させた首相」と非難されるよりは、合意なき離脱を主張する国内の強硬離脱派をなだめたほうが、政治的に正しいとの計算が働いているのかもしれません。交渉期限は決まっていませんが、クリスマス前までには決着するとの見方です。


乱高下のポンド「その通貨、凶暴につき」  なぜ、英国は「合意なき離脱」に進むのか?
出所:MarketSpeed FXより、楽天証券作成

主要指標 終値 

乱高下のポンド「その通貨、凶暴につき」  なぜ、英国は「合意なき離脱」に進むのか?
出所:楽天証券が作成

14日のドル/円のNY市場終値は104.02円

 前営業日の終値比▲0.02円だったので、今朝の天気マークは「くもり」です。


この記事の画像

「乱高下のポンド「その通貨、凶暴につき」  なぜ、英国は「合意なき離脱」に進むのか?」の画像1 「乱高下のポンド「その通貨、凶暴につき」  なぜ、英国は「合意なき離脱」に進むのか?」の画像2 「乱高下のポンド「その通貨、凶暴につき」  なぜ、英国は「合意なき離脱」に進むのか?」の画像3