「サポカー限定免許」来春施行で動き出す 「私も77歳」国家公安委員長が説くその内容
拡大する(全2枚)

「安全運転サポート車」、すなわち「サポカー」のみを運転できる限定免許が新設されます。高齢者の運転による事故が相次ぐも、免許返納はなかなか進まず――限定免許がその状況の改善策となるのでしょうか。

「サポカー限定免許」「運転技能検査」導入を前に意見募集始まる

「サポカー限定免許」や「運転技能検査」の詳細が固まってきました。警察庁ウェブサイトのパブリックコメント(意見募集、以下パブコメ)欄には2021年11月5日(金)、「『道路交通法施行令の一部を改正する政令案』に対する意見の募集」というタイトルで、これらの導入条件ついて国民の意見を問う案件が掲載されました。昨年、道路交通法が改正され、それを受けての政令改正です。
 
 ただ、パブコメの要領には「サポカー限定免許」という言葉すらなく、国民にどんな意見を求めているのか、わからないのが欠点です。何が変わろうとしているか。紐解いていきます。

「サポカー限定免許」来春施行で動き出す 「私も77歳」国家公...の画像はこちら >>

トヨタと名古屋大学が開発した後付けの安全装置(中島みなみ撮影)。

サポカー限定免許って何?

 同日の閣議後会見で二之湯 智国家公安委員長は、「サポカー限定免許」の必要性をこう説きました。

「私自身も77歳だ。認知機能検査を受けて合格、高齢者講習を受けて自動車免許を更新した。ただ免許は持っているがクルマは廃車処分にして、できるだけ乗らないようにしている。しかし、公共機関のない条件不利地域に住んでいる方は、クルマが生活の足なので、どうしても手放すことができない。そこで、(クルマが運転をサポートし)比較的安全に走行できる『安全運転サポート車』(=サポカー)を開発してもらい、それと同時に、そういうクルマを運転する人にだけ限定的に免許を与えようという趣旨だ」


この記事の画像

「「サポカー限定免許」来春施行で動き出す 「私も77歳」国家公安委員長が説くその内容」の画像1 「「サポカー限定免許」来春施行で動き出す 「私も77歳」国家公安委員長が説くその内容」の画像2