議論続く「羽田新ルート」着陸便に乗った 従来ルートと比べ「じれったい」違いも

議論続く「羽田新ルート」着陸便に乗った 従来ルートと比べ「じれったい」違いも
拡大する(全2枚)

羽田空港国際線の発着枠増加にともない、東京都心を低空で飛ぶ新ルートが運用開始されたものの、いまだ議論が続いている状態です。実際にそのルートを使う便に乗ったところ、景色はもちろん、そのほかで感覚的な違いがありました。

東京ドームや都心の光景がすぐ眼下に

 2020年3月、羽田空港における国際線発着枠の大幅増加にともなって、効率的な空港運用のため、東京都心を低い高度で通る飛行経路、いわゆる「羽田新ルート」の運用が本格的に開始されました。

 ただこのルートをめぐっては、都心上空を通ることの騒音問題はもちろん、一部メディアでは、着陸時の「降下角度」が一般的な3度より急な3.5度になることを懸念する声も見られます。では、機内から見た新ルートは、どのような感じなのでしょうか。

議論続く「羽田新ルート」着陸便に乗った 従来ルートと比べ「じ...の画像はこちら >>

羽田空港のJALとANAの飛行機(2020年3月、乗りものニュース編集部撮影)。

 6月15日の福岡発羽田行きJL320便など、新ルートを使って着陸するフライトに数回、乗ることができました。この便を例にあげると、降下しながら千葉県の房総半島南端部まで来た飛行機は、半島のほぼ中央を縦断するように南から北へ飛行したのち、千葉市付近の上空で徐々に方向を変え、埼玉県方面に向かいます。

 そして埼玉県川口市上空で東京方面に約90度旋回し、東京都練馬区の小竹向原駅上空を通り、新宿、表参道、品川駅、そして首都高大井ジャンクション上空と、降下しながら進み、羽田空港へ着陸します。


この記事の画像

「議論続く「羽田新ルート」着陸便に乗った 従来ルートと比べ「じれったい」違いも」の画像1 「議論続く「羽田新ルート」着陸便に乗った 従来ルートと比べ「じれったい」違いも」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク