ボンネットバスにまさかのEV!? レトロさそのままに進化 目的はエコにあらず

ボンネットバスにまさかのEV!? レトロさそのままに進化 目的はエコにあらず
       

埼玉県川越市で日本唯一の「電気ボンネットバス」が走っています。昔のバスに見られたボンネットのあるレトロなスタイルを、環境に優しい電気バスを改造して再現したというもの。ただ、導入目的は単なる「エコ」ではありません。

電気ボンネットバスには「エンタメ機能」も備わる

 昭和の時代によく見られた、車体前方にボンネットを有する「ボンネットバス」、そのレトロなスタイルから観光の目玉として各地で導入されていますが、埼玉県川越市では最新式の、それもEV(電気自動車)のボンネットバスが走っています。

 この「電気ボンネットバス」は、川越市内の「小江戸巡回バス」を運行するイーグルバス(川越市)が2020年6月に日本で初めて導入したものです。もともと3月の「小江戸川越春祭り」に合わせて運行を開始する予定でしたが、新型コロナの影響でイベントが中止になり、3か月遅れの導入になりました。

ボンネットバスにまさかのEV!? レトロさそのままに進化 目的...の画像はこちら >>

「小江戸巡回バス」として走るイーグルバスの電気ボンネットバス(2020年8月、中島洋平撮影)。

 実は、いま全国で走るボンネットバスは、必ずしも「昔のバス」ではありません。市販のマイクロバスを改造し、エンジンをわざわざ車体後部から前部に移設してボンネットを構築したものもあります。イーグルバスも1997(平成9)年から、そのようなボンネットバスを小江戸巡回バスで運行してきましたが、同社の創業40周年を機に、EVの最新型へ置き換えたのです。


当時の記事を読む

乗りものニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月23日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。