クルマだけが主役じゃない大転換を図った東京モーターショー2019! 成功と言われるも海外が下した厳しい評価

来場者は前回から倍増の130万人!

「来場者100万人を目指す!」。 第46回東京モーターショーを主催する日本自動車工業会が掲げた目標だったが、結果はなんと130万人を達成した。2年前の先回が77万人だったので、ほぼ倍増。ただし、これには「裏」がある。一部の会場を入場料無料で開放したから、単純に入場者が増えたのだ。気になる無料入場と有料入場の割合については未公開だ。



無料入場となったメイン会場が「フューチャー・エキスポ」。トヨタの商業施設MEGA WEBを流用して、未来を感じてもらうためのエンターテインメント満載の空間とした。仮想現実を体験できるコーナーなど、これまで東京モーターショーに来なかった家族連れが気軽に触れることができるアトラクションがいっぱい。特別イベントしては、ネット上でスポーツゲームを競うEスポーツ大会も人気を博した。



クルマだけが主役じゃない大転換を図った東京モーターショー2019! 成功と言われるも海外が下した厳しい評価



「フューチャー・エキスポ」では、外国人の姿もよく見かけた。彼らは報道関係者ではなく、一般の旅行客だ。東京観光でお台場に来たついでに、ぷらっと寄ってくれたようだ。



海外メディアの見方は厳しい

では、海外からの報道関係者の東京モーターショーに対する評価はどうか? はっきり言えば、評価どころか、現地に来てもいない。なぜならば、彼らにとって東京モーターショーは国際格式のモーターショーという意識がすでにないからだ。



フォルクスワーゲングループやBMWなど、世界の主要メーカーは東京モーターショーから撤退。また、日系メーカーの発表でも、世界市場に大きな影響を与えるような量産車やコンセプトモデルが見当たらず「しょせん、国内向けのショー。わざわざ東京まで行く必要もない」というのが、海外メディアの本音である。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月26日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。