たかが軽トラックと侮るな! 「ダイハツ・ハイゼット」「スズキ・キャリイ」「ホンダ・アクティ」独自の個性と魅力とは

違いを実感しにくい軽トラックだがそれぞれに特徴がある

限られたボディサイズと排気量で作られている軽自動車。各社ともその範囲の中で個性を出そうと日夜努力を重ねているのはご存じのとおり。



そんな軽自動車のなかでも我々一般人から見ると違いを実感しにくいのが軽トラックではないだろうか。現在、日本国内で新車購入できる軽トラックは、ダイハツ・ハイゼット(OEMはスバル・サンバー、トヨタ・ピクシストラック)、スズキ・キャリイ(OEMは日産NT100クリッパー、マツダ・スクラム、三菱ミニキャブ)、ホンダ・アクティ(OEM供給なし)の3車種となるが、それぞれの特色をチェックしてみよう。



ダイハツ・ハイゼット

通算で10代目となるダイハツ・ハイゼットトラック。現行モデルは2014年9月にデビューしており、3車種のなかでは一番新しいモデルとなる。



2018年5月のマイナーチェンジでは、軽トラックとしては初の衝突被害軽減ブレーキが装着されるなど、安全性にも考慮したモデルとなっている(スズキ・キャリイにも2019年9月の改良で装着された)。

たかが軽トラックと侮るな! 「ダイハツ・ハイゼット」「スズキ・キャリイ」「ホンダ・アクティ」独自の個性と魅力とは



さらに軽トラックとしては唯一LEDヘッドライトの設定があるモデルでもあり、視認性の面でもほかのトラックの先を行くのがハイゼットと言える。



また、ボディカラーもオプションカラーを含め8色が用意され、働くクルマながら選ぶ楽しみがあるモデルとも言えそうだ。



もっともパワフルなのはキャリイ!

スズキ・キャリイ


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュース

次に読みたい関連記事「メルセデス・ベンツ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月23日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。