メルセデス・ベンツ「Cクラス」が安全運転支援システムを標準化! 予約受付を開始

カメラとレーダーにより周囲の交通状況を的確に把握する

メルセデス・ベンツ日本は中核モデル「Cクラス」のC180(セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ)、C200、C200 4MATIC、クリーンディーゼルモデルC220d(セダン/ステーションワゴン)にオプション設定していた先進の安全運転支援システム「レーダーセーフティパッケージ」を標準装備した。予約注文受付を開始しており、納車はC220dは2020年4月以降、それ以外のモデルは順次納車を予定する。



レーダーセーフティパッケージでは、高度化されたステレオマルチパーパスカメラとレーダーセンサーによって周囲の交通状況を的確に把握することができるようになり、さらに機能を強化した。



メルセデス・ベンツ「Cクラス」が安全運転支援システムを標準化! 予約受付を開始



高速道路などの走行時に先行車を認識して速度に応じて車間距離を調節するアクティブディスタンスアシスト・ディストロニック(自動再発進機能付)では、新たに停止している先行車の検知ができるようになった。先行車や停止中の車両と距離が突然縮まった場合には警告灯と警告音でドライバーに知らせる。自動再発進機能を追加し、高速道路の渋滞時に自動停止した際に30秒以内に先行車が発進した場合はドライバーがアクセルを踏まなくても自動で再発進する(一般道では3秒以内)。



渋滞時緊急ブレーキ機能では、渋滞末尾で回避操作を行う空間的な余裕がない危険な状況を検知して、通常よりはるかに早い段階でブレーキを自動で作動させる機能も搭載した。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュース

次に読みたい関連記事「アウディ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ポルシェ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「BMW」のニュース

次に読みたい関連記事「BMW」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。