日本で販売台数の見込めない新型シボレー・コルベットが「右ハンドル」を設定したワケ

アメ車の日本での販売台数は欧州車の20分の1以下

今年1月に開催された東京オートサロン2020で日本初披露となった新型シボレー・コルベット。東京モーターショーでも展示されなかったのにオートサロンでデビューという点も話題となったが、日本のユーザーからすると衝撃的だったのが「右ハンドル」が導入されるとアナウンスされたことだろう(展示された個体は左ハンドル)。



いうまでもなくアメリカ車であるコルベットはもともと左ハンドル車であり、過去日本で正規販売されていたモデルもすべて左ハンドルのままだった。



日本で販売台数の見込めない新型シボレー・コルベットが「右ハンドル」を設定したワケ



フォルクスワーゲンメルセデスベンツといった欧州車であれば、ある一定の台数の販売が見込めるため、ほぼすべてのラインアップが右ハンドルとなっているが、そもそも欧州車の20分の1以下の台数しか日本では売れていないアメ車、それもさらにユーザーが限定される2シータースポーツカーで右ハンドルというのはどういう理由が考えられるのだろうか?



MRになったからこそ「右ハンドル」が実現できた

新型コルベットの最大のウリは、今までフロントに搭載していたエンジンをミッドシップへ搭載したことだろう。これにより、多くのスーパーカーと肩の並べるミッドシップレイアウト車となったわけだ。にもかかわらず、価格は1180~1400万円と、ライバルに比べるとはるかにリーズナブル。スーパーカー界隈も比較的手頃な価格の車両たちは飽和状態になりつつあり、他人と同じものはイヤと考えるユーザーがコルベットに注目する可能性は非常に高いのではないだろうか。


あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュース

次に読みたい関連記事「オートサロン」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月12日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。