いまだノートとセレナだけ! バカ売れ確実なのに日産が「e-POWER」搭載車を増やさないワケ

いまだノートとセレナだけ! バカ売れ確実なのに日産が「e-POWER」搭載車を増やさないワケ
拡大する(全8枚)

FFベースに搭載するとなるとモデル末期ばかりで旨味なし

日産独創のハイブリッドシステムであるe-POWERは、電気自動車(EV)リーフの電動技術を応用している。駆動はモーターのみで行うが、リーフと違うのは必要な電気をエンジンで発電する点だ。そこでエンジンは搭載するが、走行にモーターとエンジンを併用するトヨタのハイブリッドとは方式が異なる。



まず小型車のノートで採用され、次にミニバンのセレナに搭載された。そして、まもなく発売される小型SUVのキックスにも採用される。どれも前輪駆動で、この点もリーフと同じだ。ただし、後輪にもモーターを取り付けた4輪駆動も選べる。



いまだノートとセレナだけ! バカ売れ確実なのに日産が「e-P...の画像はこちら >>



日産の登録車で前輪駆動を前提とする車種は、ほかにコンパクトカーのマーチとSUVのジュークになる。いずれも2010年に現行車が生まれ、すでに10年目の車種になる。ことにジュークは昨年末で国内での生産を終了した。マーチについても、17年に欧州向けのマイクラ(海外ではこう呼ばれている)は発表になったものの、国内はまだ従来型のままだ。その販売動向は、一般社団法人日本自動車販売協会連合会の乗用車ブランド通称名別順位でベスト50に車名が出ない低調ぶりだ。



いまだノートとセレナだけ! バカ売れ確実なのに日産が「e-POWER」搭載車を増やさないワケ



4ドアセダンでは、前輪駆動のティアナとシルフィがある。ところが、ティアナも19年で生産が終了している。シルフィは現行が2012年に発売され、すでに8年を経てモデル末期だ。また世界120カ国で販売されるグローバルカーであり、小型セダンとして価格が重視されるうえ、昨今のセダン離れの市場傾向のなかであえて車両価格が上がるe-POWERを投じるかどうか、経営判断のわかれるところだろう。


この記事の画像

「いまだノートとセレナだけ! バカ売れ確実なのに日産が「e-POWER」搭載車を増やさないワケ」の画像1 「いまだノートとセレナだけ! バカ売れ確実なのに日産が「e-POWER」搭載車を増やさないワケ」の画像2 「いまだノートとセレナだけ! バカ売れ確実なのに日産が「e-POWER」搭載車を増やさないワケ」の画像3 「いまだノートとセレナだけ! バカ売れ確実なのに日産が「e-POWER」搭載車を増やさないワケ」の画像4
「いまだノートとセレナだけ! バカ売れ確実なのに日産が「e-POWER」搭載車を増やさないワケ」の画像5 「いまだノートとセレナだけ! バカ売れ確実なのに日産が「e-POWER」搭載車を増やさないワケ」の画像6 「いまだノートとセレナだけ! バカ売れ確実なのに日産が「e-POWER」搭載車を増やさないワケ」の画像7 「いまだノートとセレナだけ! バカ売れ確実なのに日産が「e-POWER」搭載車を増やさないワケ」の画像8
編集部おすすめ

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「日産自動車」に関する記事

「日産自動車」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「日産自動車」の記事

次に読みたい「日産自動車」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク