実際の風景に案内を表示する画期的機能! 新型SクラスがOP採用した「ARナビ」の実用度とは

実際の風景に案内を表示する画期的機能! 新型SクラスがOP採用した「ARナビ」の実用度とは
拡大する(全4枚)

ヘッドアップディスプレイは進路案内を実際の風景に重ねて表示する

メルセデス・ベンツはフラッグシップモデル、新型Sクラスに搭載するヘッドアップディスプレイにAR(Augmented Reality=拡張現実)」を使ったナビ機能を搭載した。インフォテイメントシステム「MBUX」に含まれている新機能で、ルートガイド中の方角や距離、車速などの情報をより直感的にドライバーへ情報を伝えることが可能となる。



ヘッドアップディスプレイは、走行に必要な情報をフロントウインドウに重ねて表示するため、ドライバーが視線を移動することなく必要な情報を得られるのが最大のメリットだ。これまでも上級車を中心に多くの搭載例があり、新型Sクラスではそこに進路案内を実際の風景に重ねて表示するようにした。これは純正ナビゲーションとしては世界初の事例だという。



実際の風景に案内を表示する画期的機能! 新型SクラスがOP採...の画像はこちら >>



メルセデスベンツによれば、ヘッドアップディスプレイは10m先に仮想表示するように設定されており、ドライバーの視界に自然に入ってくる位置に表示されるという。ナビゲーションとしてのガイドをここで表示し、そこには分岐点での進行方向や走行すべき車線も案内されている。さらに走行中の速度や制限速度、ADAS系の表示も行われていた。その表示はしっかり整理されたもので、焦点をとくに合わせることなくスムースに捉えることができるのはこのヘッドアップディスプレイの良いところと言えよう。



じつは、ARを使ってルートガイドをする機能は、市販ナビゲーションなどで少なからず存在した。よく知られているのがパイオニアのサイバーナビが採用した「AR HUDビュー」だ。コンバイナーを備えた専用ユニットをルーフに装着し、ルートガイドをフロントウインドウ越しに見える風景と重ねて表示する。表示をレーザーによって描くため、昼夜を問わず高い解像度を特徴とし、地名やアイコンなどもフルカラーで鮮明に映し出していた。


この記事の画像

「実際の風景に案内を表示する画期的機能! 新型SクラスがOP採用した「ARナビ」の実用度とは」の画像1 「実際の風景に案内を表示する画期的機能! 新型SクラスがOP採用した「ARナビ」の実用度とは」の画像2 「実際の風景に案内を表示する画期的機能! 新型SクラスがOP採用した「ARナビ」の実用度とは」の画像3 「実際の風景に案内を表示する画期的機能! 新型SクラスがOP採用した「ARナビ」の実用度とは」の画像4

当時の記事を読む

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「メルセデス・ベンツ」に関する記事

「メルセデス・ベンツ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メルセデス・ベンツ」の記事

次に読みたい「メルセデス・ベンツ」の記事をもっと見る

国内ニュースランキング

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年3月3日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。