新型ステップワゴンだけじゃない! いま「先祖のデザイン」に回帰するクルマが増えていた

新型ステップワゴンだけじゃない! いま「先祖のデザイン」に回帰するクルマが増えていた
拡大する(全4枚)

この記事をまとめると
■発表されたばかりのステップワゴンは初代を思わせるスタイリング



■最近は旧型のデザインを取り入れる新型車が多い



■その理由について解説する



ステップワゴンのシルエットは初代そのもの

6代目となるステップワゴンが発表されました。初代はホンダのクリエイティブ・ムーバー第三弾として登場したのがステップワゴンで、スペース効率を最優先したスクエアなボディの“乗用車”というのは非常に新鮮な存在でした。それが大ヒットにつながり、現在に至っています。



そんな6代目ステップワゴンを見て「初代モデルを思わせる」という声が上がっているようです。たしかにスクエアなシルエットやいまどきのミニバントレンドに逆行するようなシンプルなフロントマスクの意匠は、初代ステップワゴンの持っていた独特の道具感を思わせるものです。



新型ステップワゴンだけじゃない! いま「先祖のデザイン」に回...の画像はこちら >>



むしろ、初代のコンセプトを2020年代に蘇らせたとさえ感じます。こうした先祖帰りをしているのはステップワゴンだけではありません。ほかにも初代を思わせるスタイリングのモデルは登場間近です。



それが日産フェアレディZです。東京オートサロン2022で日本初公開される新型Zは、丸をモチーフとしたヘッドライトやスクエアなフロントグリルが初代モデルをオマージュしたものとなっています。さらにCピラーに飾られたZのエンブレムも初代モデルから受け継いでいます。



新型ステップワゴンだけじゃない! いま「先祖のデザイン」に回帰するクルマが増えていた



とはいえ、新型Zは単に初代のスタイリングをよみがえらせただけではありません。テールレンズの意匠は4代目フェアレディZ(Z32)にも通じるものです。全身でヘリテージをアピールしていると理解すべきでしょう。


この記事の画像

「新型ステップワゴンだけじゃない! いま「先祖のデザイン」に回帰するクルマが増えていた」の画像1 「新型ステップワゴンだけじゃない! いま「先祖のデザイン」に回帰するクルマが増えていた」の画像2 「新型ステップワゴンだけじゃない! いま「先祖のデザイン」に回帰するクルマが増えていた」の画像3 「新型ステップワゴンだけじゃない! いま「先祖のデザイン」に回帰するクルマが増えていた」の画像4
編集部おすすめ

あわせて読みたい

WEB CARTOPの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ホンダ」に関する記事

「ホンダ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ホンダ」の記事

次に読みたい「ホンダ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク