なんでもかんでも電動化すれば正義っておかしくない? スーパーカーの純EV化は本当に意味があるのか
拡大する(全2枚)

この記事をまとめると
■世界各国で電動化が進んでいる



■スーパーカー、ハイパーカーもBEVが当たり前の時代がやってくるだろう



■これらをBEV化することは本当にエコなのだろうか?



スーパーカーやハイパーカーも電動化は進む

スーパーカーや、ハイパーカーなど、これからさらに電動化が進みそうだ。欧州連合(EU)の執務機関である欧州委員会(EC)が「2035年までに欧州域内で販売する新車は事実上、BEV(電気自動車)またはFCV(燃料電池車)」とする方針を表明しているからだ。



また、スーパーカーやハイパーカーの主要消費国であるアメリカでも、「2030年までに新車の50%以上をEV、プラグインハイブリッド車、またFCV」とする大統領令を発令している。



なんでもかんでも電動化すれば正義っておかしくない? スーパー...の画像はこちら >>



そのほか、世界最大の自動車消費国である中国では、電動車の普及に関するNEV(新エネルギー車)規制を段階的に強化し、2035年には電動化を市場の中核に据える方針だ。



中国でも、ベンチャー企業を中心に、BEVハイパーカーのプロトタイプがモーターショーでお披露目されることは珍しくない。本当に量産できるかどうかは定かではなく、話を打ち上げただけでフェードアウトしてしまったケースがこれまでも結構あった。



高額になっても需要は見込まれる

こうしたなか、日本に目を移せば、トヨタが2021年12月にBEVの事業戦略を発表した際、レクサスの上級BEVスポーツカーが近い将来、量産されることを明らかにしている。ホンダもBEVシフトのなかで、次期NSXと目されるようなBEVスーパーカーの量産に向けた動きが表面化しているところだ。スーパーカーもハイパーカーもBEVが当たり前の時代が、ついにやって来そうだ。


この記事の画像

「なんでもかんでも電動化すれば正義っておかしくない? スーパーカーの純EV化は本当に意味があるのか」の画像1 「なんでもかんでも電動化すれば正義っておかしくない? スーパーカーの純EV化は本当に意味があるのか」の画像2