トップニュース

免疫不全のサル、ゲノム編集で誕生

サルの遺伝子を操作し、免疫機能を低下させることに成功したと、慶応義塾大学と実験動物中央研究所(川崎市)が7月1日に発表した。人工的に合成した遺伝子を使って受精卵内の遺伝子を操作する「ゲノム編集」技術を活用。マウスよりヒトに近いサルを用いた研究を可能にし、さまざまなヒト疾患の原因解明や治療法の開発に役立てられる可能性があるという。ヒト疾患モデルマウスの作製には、特定の遺伝子を破壊して機能...全文>>