トップニュース

芥川賞に山下澄人氏「しんせかい」

第156回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が19日夕、東京・築地の新喜楽で開かれ、芥川賞は山下澄人さん(50)の「しんせかい」(「新潮」2016年7月号)、直木賞は恩田陸さん(52)の「蜜蜂と遠雷」(幻冬舎)に決まった。山下さんは4回目の候補での受賞。作品は、19歳の「山下スミト」が俳優や脚本家を育てる演劇塾で過ごした月日を描く。カリスマ的な「【先生】」や塾生らとの葛藤が、...全文>>