巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

インフルエンザに「当たり年・外れ年」がある理由

ライター情報:田幸和歌子

インフルエンザ、今年は当たり年にならないといいですね(画像はイメージ)。

[拡大写真]

本来は、良いことが多くある年について使われる言葉「当たり年」。それがいまでは、インフルエンザの流行に関しても「今年はインフルエンザの当たり年」などと、嬉しくない使われ方をすることが多くなった。

それにしても、インフルエンザにはなぜ「当たり年」とそうでない年があるのか。国立感染症研究所・感染症疫学センター第二室長の砂川富正さんに聞いた。

「インフルエンザが流行する条件には、温度・湿度が下がること、人が接触する機会が増すことなどいろいろありますが、人の免疫状態による部分も大きいのです」

インフルエンザウイルスで、現在の季節性のものは、H1(2009年当時の新型)とH3型(香港型)の『A型』と、ビクトリア系統、山型系統の『B型』に分類され、ウイルス遺伝子は8つの分節に分かれているそう。
「インフルエンザはRNAウイルスで非常に変わりやすく、ワクチンは基本的に前年に流行したウイルスで作られるため、常に追いかけっこしている状況です。ウイルスの遺伝子が前年と似ている場合には、前年にかかった人にはあまり広がりませんが、ウイルスの変異が大きかったり、分節が入れ替わるなどの非常に大きな変異(新型インフルエンザ)が起こったりすると、ワクチンが効かず、広がりやすくなるのです」

つまり、「インフルエンザの当たり年」になってしまうのは、前年に流行したウイルスと翌年のウイルスが大きく異なる場合のよう。
「『ワクチンを打ったのに、効かなかった』とか、『型は合ってたのに効かなかった』という人がいるのは、そうした理由からです」
そのため、インフルエンザが大流行するかどうかは、どんなウイルスが流行るかが重要なポイントとなるが、予想は非常に難しいそう。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2015年11月7日 10時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!