巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

11

書き手を鍛える校閲支援ツール「文賢」 使用後に文章はどう変わる?

2018年5月4日 11時00分 ライター情報:内堀たかふみ
「校閲」という言葉は、少し前にドラマになった作品で多少は浸透したのではないだろうか。だが今、そんな校閲・推敲をパソコンがやってくれるらしいのだ。しかも、誤字や不自然な言い回しなどを指摘するだけではなく、書き手の語彙力まで向上させて、プロ並みに仕上げてくれる夢のツールが完成したという。

まずはこの文章を読んでみて欲しい。結婚相談所の紹介記事である。

こんにちは。

この記事を読んでいる方の中には、結婚したいけれど出会いが無いという方や、理想の相手となかなか出会えないという方がいらっしゃると思います。

今、世の中には婚活をサポートするサービスや、マッチング系アプリなどが多くあります。また、自分の存在を発信するためのSNSなども多くあります。正直、昔よりも出会いのための環境は整っているはずなのですが、それにも関わらず、出会いで苦労する人は年々増えています。
なぜ、そんな事が起きているのでしょうか?

その背景には、おそらく、出会いの為の選択肢があまりにも多くなり過ぎたことで、かえって自分から行動を起こしにくくなっている事が増えていることが挙げられます。

たとえば、昔の日本には「お見合い」という文化が定着していて、両親が出会いをある種強制的にアシストし、相手と出会ってすぐに婚約・・・などという事が多くありました。今の方々からすると、知らない相手と会ってすぐに婚約?なんて驚かれるかもしれません。
ただ、両親がそういう出会いを経て、この世に生を受けた人たちは多いのです。

行動経済学の世界には『選択のパラドックス』という言葉があります。
これは、人は選択肢が多すぎると結局選び切れなくなる、という意味の言葉です。

いろんなサービスが増えた昨今、この「選択のパラドックス」に陥っている人が多いのでは?と感じるのです。出会いが欲しいと思いつつも、出会いのための選択肢が多すぎて、行動に移せない。

そこで、私がお勧めしたいのが「結婚相談所」への登録です。

結婚相談所に登録することで、この選択のパラドックスを回避し、素敵な相手と出会うための覚悟を決めることができます。

今回は結婚相談所に登録するメリットについて、わかりやすくお話しします。

“縁は奇なもの味なもの”とは言いますが、どんな出会いも行動しなくては得られません。

それではまいります。


なんてことのない文章だ。
しかし! 噂のオンラインツールを使うと……?


こんにちは!結婚アドバイザーの伊藤です。

この記事を読んでいる方の中には「そろそろ結婚したいけど、出会いがなくて困っている・・・」という方がいらっしゃると思います。
もしくは「出会いはあるのだけれど、自分の理想の相手と出会えない・・・」という方もいらっしゃるでしょう。

今、世の中には婚活に関するサービスや、マッチング系アプリなどがたくさんあります。
また、自分の存在を発信するためのSNSなどもたくさんあります。
正直なところ、昔よりも、出会いのための環境は整っているはずなのですが、それにもかかわらず、出会いで苦労する人は年々増えている印象。
なぜ、そんなことが起きているのでしょうか?

その理由には、おそらく、出会いのための選択肢があまりにも多くなりすぎたことで、かえって自分から行動を起こしにくくなっているケースがあると思います。

たとえば、昔の日本では「お見合い」という文化が定着していました。
両親が自分の子供の婚活をサポートするわけですが、会ったこともない相手と会わされて、いきなり婚約・・・なんてケースもありました。
今の人たちからすると「知らない相手と会ってすぐに婚約・・・!?」なんてビックリされるかもしれませんが、両親がそういう出会いを経て、この世に生を受けた人たちは多いんですよ。
(もちろん、その出会いの中には、運命の赤い糸で結ばれたかのような素敵な出会いもあったわけですが)

ちなみに、行動経済学の世界には『選択のパラドックス』という言葉があります。
これは“人は選択肢が多すぎると結局選びきれなくなる”という意味の言葉です。

私は、いろいろなサービスが増えた昨今、この「選択のパラドックス」に陥っている男女が多いのでは?と感じています。
出会いが欲しいと思いつつも、出会いのための選択肢が多すぎて、行動に移せない・・・。

手探りの中、答えを探し求めるのならまだマシ。
手探りすらできていない人が増えていると思うのです。

そこで、私がオススメしたいのが、ズバリ「結婚相談所」への登録です!

結婚相談所に登録することで、この「選択のパラドックスを回避」し、素敵な相手と出会うための覚悟を決めることができます。
出会いに必要なのは、ギアチェンジをし、アクセルを踏み込むことなんです。

というわけで、今回は結婚相談所に登録するメリットをお話しながら、出会いに悩む人たちの背中を押してみたいと思います。
“縁は異なもの味なもの”とはいいますが、どんな出会いも行動しなくては得られません。

それではまいります!


なんということでしょう。堅苦しかった文章も、分かりやすく、読みやすいものに早変わり。
「魔法の文章」を生み出したのはこれ、「文賢(ぶんけん)」!


文章の印象を決める漢字の使用率もパーセンテージで提示してくれる

本文をペーストするだけ!


このツールをダウンロードしたあと、もとの文章を入力すると、修正したほうが良いとされるあらゆる箇所を、次から次へと指摘・ダメ出し!

推敲支援画面

ら抜き言葉、敬語チェック、重複表現、どんなふうに変えればいいのか徹底的に手ほどきしてくれるのだ! さらには接続詞をハイライトし、論理展開がスムーズかどうかチェックしたり、同じ文末表現を続けて使っていないかも精査してくれる。また、漢字の使用率を表示し、文全体の堅苦しさも指摘してくれる。

文章の印象を決める漢字の使用率もパーセンテージで提示してくれる


もちろん先ほどのアフターの文例にいきなり変わるわけではない。自分の語彙力では少し不安な言葉や言い回しなどチェックしてほしいカテゴリを個別に設定することができる。

「たとえ機能」が例えようもないくらい凄い!


しかも凄いのが「たとえ機能」!
通常の慣用句はもちろん、文賢オリジナルのユニークな言い回しを提示してくれるのだ。



これは文賢の生みの親でもあり、数多くのコンテンツをプロデュースしてきた「ウェブライダー」代表の松尾茂起さんが、ノートに書きためてきたものが反映されているのだという。

「ウェブライダー」代表の松尾茂起さん


ウェブライダーは、Amazonベストセラーとなった「沈黙のWebマーケティング」や「沈黙のWebライティング」、また月間200万PVを記録したメディア「ナースが教える仕事術」などで知られるコンテンツ会社。

松尾さんはこう語る。
「もちろん誤解してほしくないのは、これを使えばたちまちのうちに文章が劇的に変わるわけではなく、『こういったほうがより良いですよ』と逐次指摘するという、教育的な性格が強いと思います。今後はよりバージョンアップし、言葉を使うすべての人たちの文章力を上げられるようなツールにしたいと思っています」

これまで大変だった校閲・推敲の手間を省くために開発された夢のツール・文賢。現在、導入企業は1000を越えており、編集者とライターの関係が良好になったり、企業のプレスリリースの重大な間違いを未然に防止。web系の出版社も取り入れているようだ。是非あなたもこれでめきめきと文章力を上げていってほしい。そして、もし購入された際は、ここまで書いてきた筆者の文章がどこまで推敲されてしまうのかお試しいただきたい。

(内堀たかふみ)
関連キーワード

ライター情報: 内堀たかふみ

放送作家・ライター。ご用件のある方はutf0222@gmail.comまで気軽にどうぞ。

「書き手を鍛える校閲支援ツール「文賢」 使用後に文章はどう変わる?」のコメント一覧 11

  • 匿名さん 通報

    こんにち「わ」のどこがGoodなのだろう…

    18
  • 匿名さん 通報

    GOOD「こんにちわ」 ・・・

    12
  • 匿名さん 通報

    例文が長すぎ

    11
  • 匿名さん 通報

    ていうか、修正後の方が「書き手の誠意」がゴッソリ抜け落ちた文体に感じるんだけど・・・?

    8
  • 匿名さん 通報

    オンラインツールねぇ、まぁこれは個人情報収集というよりはAIのエサが目的かね

    7
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!