ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信

YouTuberピンチ?動画収益化の基準厳格化「総再生時間4000時間」「登録者数1000人」

2018年1月17日 16時52分

ライター情報:佐藤尚

※画像はイメージです。

2月20日より、「YouTubeパートナープログラム」への参加条件に新基準が導入される。これにより、YouTuberとして稼ぐことが今よりも一段と難しくなるようだ。

「チャンネル登録者数が1,000人以上」はハードル高すぎ?


「YouTubeパートナープログラム」(以下、「YPP」)とは、クリエイターが動画を収益化できるプログラム。動画投稿者は「YPP」を申請することで、有料サービス「YouTube Red」利用者による視聴や、動画に掲載される広告から収益を受けて取ることが可能になる。

しかしYouTubeに動画を投稿している人ならば誰でも収益を貰えるというわけではなく、「YPP」への参加にはさまざまな条件が。動画がYouTubeの「コミュニティ ガイドライン」などを遵守しているか審査される他、昨年の4月からは「チャンネルで公開している動画の合計視聴回数が10,000回以上」という基準が設けられた。

そんな「YPP」への参加基準が、2月20日よりさらにハードルの高いものに。「過去12カ月間の総再生時間が4,000時間以上」「チャンネル登録者数が1,000人以上」という条件が追加される。

これにネット上では、「登録者1,000人以上とか底辺YouTuberは終わったな」「YouTuberで小銭を稼げない時代がとうとう来たか」「ヒカキンみたいな大物YouTuberには影響ないかもしれないけど、ボーダーラインで細々とやってる人たちには死活問題だな」「これで何人の自称YouTuberが消し飛ぶのだろうか…」「最近YouTuberを始めようと思ってたけど、これは無理そうだな」といった声が続出。

ライター情報: 佐藤尚

好奇心旺盛なフリーライター。