bit

「大地震」は、“だいじしん”? “おおじしん”?

大地震――昔はみんなコレを「だいじしん」と読んでいた気がする。でも、最近は、ニュースなどを見ても、ほとんど聞くのは「おおじしん」。
一体いつから「おおじしん」が主流になったのか。

気象庁に聞いてみると、
「特別な理由はないと思いますよ」
と、あっさり。そもそも気象庁では「マグニチュード7.0の地震」などと、具体的な数値を入れて伝えるため、「大地震」「巨大地震」などの抽象的な表現は使わないそうで、
「『大地震』は、マスコミさんの作った言葉じゃないですか?」
とのこと。
ちなみに、一般的にはマグニチュード7程度以上が「大地震」、5程度以上が「中地震」というそうだが、この分類も特に気象庁でしているわけではないという。

では、テレビではどうなのか。NHKに問い合わせると、「ことばのハンドブック」の記述から、こんな分類を教えてくれた。
「一般的な『だい』と『おお』の読み方の資料では、『だい』のあとにくるのは漢語、つまり音読みの言葉。それに対して、『おお』のあとは訓読み、和語となっています」
つまり、音読み+音読み、訓読み+訓読みというルールに沿ったものだそうで、
「『じしん』は訓読みですので、NHKでは、今も昔も『おおじしん』と読んでいます。なぜ『だいじしん』という人が多いかというと、『大震災(だいしんさい)』『大災害(だいさいがい)』など、災害に関する言葉を『だい』と読むのと関係があるのではないでしょうか」とのこと。
ん、訓読み!? “震”は「ふる(える)」が訓読みで、「じしん」って、「音読み」じゃないのか!? あるいは、「地」には訓読みがなく、「ち」「じ」ともに日本語になっているので、「訓読み+音読み」の「湯桶読み」パターンだろうか。

いずれにしろ、「ことばのハンドブック」に従えば、「だいじしん」が正解の気がするが、NHKの放送用語はあくまで「おおじしん」なのだそうだ。つまり、例外!? かなり曖昧ってこと!?

「おおじしん」と「だいじしん」。結局、どちらも間違いではないようです。
(田幸和歌子)

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2006年5月6日のコネタ記事
「「大地震」は、“だいじしん”? “おおじしん”?」の みんなの反応 4
  • おっさん 通報

    大ヒットした1974年の映画「大地震」が「だいじしん」と読んでたから,ある程度の年齢以上は「だいじしん」の方がなじみがあるのではないかな。

    4
  • 地震は 通報

    音読みだよなあ。だもんで、だいじしん、が自然だとは思うなあ。

    2
  • 匿名さん 通報

    今朝のニュース番組でも「おおじしん」でした。「こじしん」も聞いてみたいにゃ。

    0
  • 通報

    おぉ〜。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら