SixTONES松村北斗が書くラブストーリー脚本を公開――SixTONES全員で作り上げる“ラジオドラマ企画”第3話

SixTONES松村北斗が書くラブストーリー脚本を公開――SixTONES全員で作り上げる“ラジオドラマ企画”第3話
拡大する(全3枚)

7月24日(土)深夜、ラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送・毎週土曜23:30~)が放送され、SixTONES松村北斗が、メンバー全員で紡ぐラブストーリーのラジオドラマ脚本第3話を披露した。

SixTONES松村北斗が書くラブストーリー脚本を公開――S...の画像はこちら >>

SixTONES

同番組ではこれまでも、パーソナリティ・SixTONESのシングルリリース時にはヒット祈願の企画を行ってきたが、今月10日からの放送では、5thシングル「マスカラ」(8月11日リリース)と連動した新企画「SixTONES 土曜ラジオ劇場『マスカラ』」を始動させている。

表題曲「マスカラ」は、常田大希(King Gnu/millennium parade) から提供された楽曲であるが、今回の企画では、この「マスカラ」の歌詞にある「凡庸なラブストーリー」から着想を得て、SixTONESのメンバー自身が、マスカラにちなんだ“ラブストーリー・ラジオドラマ”を制作する。ラブストーリーのテーマは「泣ける」「切ない」「ティーンに刺さる!」の3つで、メンバーそれぞれが1話ずつ担当し、リレー形式で “1つのラブストーリー”を作り上げる。番組では6週にわたり、毎週1話ずつ、執筆を担当したメンバーがストーリーを朗読していく。

ジェシー、森本慎太郎に続き第3話を担当したのは松村北斗。先週の森本は、リアルな展開や次のストーリーへのつながりやすさなどが評価される一方で、全6話中2話までが終わった時点で、主人公がまだ家の玄関にいる状況であることが、リスナーからツッコまれたが、今週の松村は登場人物たちにどのような行動を起こさせるのか。松村が「一回僕のドラマをくらいなさいよ!」と意気込みを見せた、その脚本の全文を紹介する。


この記事の画像

「SixTONES松村北斗が書くラブストーリー脚本を公開――SixTONES全員で作り上げる“ラジオドラマ企画”第3話」の画像1 「SixTONES松村北斗が書くラブストーリー脚本を公開――SixTONES全員で作り上げる“ラジオドラマ企画”第3話」の画像2 「SixTONES松村北斗が書くラブストーリー脚本を公開――SixTONES全員で作り上げる“ラジオドラマ企画”第3話」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ニッポン放送 NEWS ONLINEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「SixTONES」に関する記事

「SixTONES」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「SixTONES」の記事

次に読みたい「SixTONES」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク