「ID-0」谷口悟朗監督×黒田洋介対談―「スクライド」から16年…黄金タッグがつくる、本当の意味での“SFアニメ”

「ID-0」谷口悟朗監督×黒田洋介対談―「スクライド」から16年…黄金タッグがつくる、本当の意味での“SFアニメ”
「ID-0」谷口悟朗監督×黒田洋介対談―「スクライド」から16年…黄金タッグがつくる、本当の意味での“SFアニメ”
先頃、ついに大団円を迎えた『ID-0』。3DCG作品による骨太なSF作品は多くのファンを唸らせるものであったと評判が高く、2017年のアニメシーンを象徴する1本であったことは間違いない。完結を記念しこの作品のクリエイターである谷口悟朗監督と脚本家・黒田洋介氏に対談をしていただいた。ふたりは今から15年以上前に『無限のリヴァイアス』、『スクライド』という今なお色褪せぬ名作を生み出したタッグだ。そんなふたりが今作り上げることもエポックであり、この間柄だからこそ生み出せた要素が本作には込められているはず。作品作りについて語るふたりからは飾らない人柄がにじみ出ている。
[取材・構成=日詰明嘉]

■谷口・黒田コンビが16年経っても変わらぬ作品作りができた理由とは?

――『ID-0』は作品としてだけでなく、谷口悟朗監督と脚本家・黒田洋介さんが久々にタッグを組んだこともトピックになっています。まず、この企画はどのようにして実現していったのかを教えていただけますか?

谷口悟朗(以下、谷口)
『ID-0』はもともと私が世界コスプレサミットから「アニメを作りたい」という話を頂いてスタートした企画なんです。イベントを運営するWCS社は愛知県名古屋市の会社なので、最初は「愛知出身者だけでアニメを作れないか?」と言われたのですが、さすがにそれはハードルが高すぎる(笑)。それで次は「東海地方では?」と言われたときに三重県出身の黒田さんが頭の隅に浮かんだんですよ(笑)。今から16年前に『スクライド』を作っていたときとはお互いに立場も違うし、年齢によって考え方も変わってくるので、もう一度組んでみて、今のポジションから一つの答えを出すのもいいんじゃないかと。そんな時期のように感じました。それに(黒田氏と同じくスタジオオルフェに所属する脚本家の)倉田(英之)さんと『純潔のマリア』で約10年ぶりに仕事して、いい意味で変わっていないところと変わっているところを知って、それも楽しかったというのもありまして。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月28日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。