バカボンのパパは天才だった?「天才バカボン」の意外な豆知識【アニメトリビア10選】

       
バラエティ番組『トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~』の影響から、「取るに足りないさま、些末的」を指す“トリビア”という単語は、「つい人に教えたくなってしまうような雑学・知識」という意味でも定着しました。わたしたちが普段なにげなく視聴しているアニメにも、こういったトリビアは多数存在しています。
【アニメトリビア10選】と題してアニメに関するトリビアを紹介する本企画シリーズ。今回は18年ぶり最新作『深夜!天才バカボン』が放送中の『天才バカボン』を取り上げます。

1、タイトル「バカボン」の由来は……?
原作者・赤塚不二夫が話したことがあるのは、関西地方で良家のお坊ちゃまを指す“ボンボン”にかけた「主人公がバカなボンボンだから」説と、英語の“放浪者(=vagabond、バガボンド)”にかけた「自由な主人公にしたかったから」説。
また、仏教において“お釈迦様”を指す「薄伽梵(ばぎゃぼん、ばがぼん)」から来たという説も、過去に『トリビアの泉 ~素晴らしきムダ知識~』などで触れられたことがあります。名言「これでいいのだ!」は、仏教の“悟り”に通じる考え方ですが……?

2、バカボンのパパは、生後2ヶ月目まで天才だった
バカボンのパパは3年間もお腹の中にいた末に生まれ、すぐに歩いて「天上天下唯我独尊」と唱えています(元ネタは釈迦誕生時の言い伝え)。慌てて病院にやってきた“バカボンのパパのパパ”にも「父上はじめまして!!」と挨拶した早熟の天才でしたが、生後2ヶ月目にしたクシャミで“頭のネジ”が外れてしまいました。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「天才バカボン」に関する記事

「天才バカボン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「天才バカボン」の記事

次に読みたい「天才バカボン」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年7月31日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。