2017年から“聴察”をテーマに放送されている『オトッペ』の劇場作品『劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ』が2021年10月15日に公開。公開決定にあわせて、千葉進歩小原好美らキャスト陣からコメントが到着した。

『オトッペ』は、身の回りの音に耳を傾ける“聴察”をテーマに、世界一のDJを目指すシーナと、音から生まれたふしぎな生きもの「オトッペ」たちのへんてこな毎日を描いた物語。番組で流れるキャッチーな楽曲やダンスも人気で、関連動画の再生回数は1億5千万を突破し、子供から大人まで幅広い人気を誇る。

本作の主役は、風のオトッペ・ウィンディ。謎の赤ちゃんオトッペ・リルと出会い、オトッペタウンのみんなとワイワイ、ドタバタの大騒動を繰り広げる。ウィンディのいとこ、西風のオトッペ・ウエスティも大活躍。楽しい歌がたくさん詰まった、子どもも大人も笑顔になるミュージカル映画だ。
今作には、ミュージカル映画として新しいキャラクターも続々登場するほか、テレビシリーズでおなじみのキャラクターたちもスクリーンに登場し、ストーリーを盛り上げる。

この度、テレビシリーズでもおなじみのオトッペたちを演じる千葉進歩、木内秀信、渡辺明乃、桐井大介、小原好美、大山鎬則、浅野まゆみ、志田有彩のキャスト8名から、映画化への歓喜のコメントが寄せられた。

『劇場版オトッペ パパ・ドント・クライ』は、2021年10月15日より全国ロードショー。

この記事の画像

「劇場版「オトッペ」小原好美、千葉進歩らレギュラーキャストよりコメントが到着!」の画像1 「劇場版「オトッペ」小原好美、千葉進歩らレギュラーキャストよりコメントが到着!」の画像2