『ウマ娘 プリティーダービー』サイレンススズカ役などで知られる声優高野麻里佳が、アニメ業界で奮闘する人々を描く映画『ハケンアニメ!』で実写映画初出演を果たしていることがわかった。劇中アニメの声優役を務めており、そのほかの追加キャストとあわせてコメントも届いた。

『ハケンアニメ!』は、直木賞作家の辻村深月による小説を原作とする、日本のアニメ業界を舞台に最も成功したアニメの称号=「覇権(ハケン)」を手にするべく奮闘する人々の姿を描く“お仕事ムービー”だ。地方公務員からアニメ業界に飛び込んだ主人公・斎藤瞳(吉岡里帆)が、監督デビュー作で憧れのスター監督・王子千晴(中村倫也)と覇権を争うストーリーが展開する。

このたび、そんな本作の脇を固める追加キャストとして、『ウマ娘 プリティーダービー』サイレンススズカ役や『デジモンアドベンチャー:』太刀川ミミ役で知られる高野麻里佳ら7名の出演が発表された。高野は劇中アニメの『サバク』こと『サウンドバック 奏の石』で主人公・トワコ役を務める声優の群野葵役を担当。アイドル的な人気から支持を集める声優という設定で、監督の瞳とは何かと衝突することもある役どころのようだ。高野は俳優としては、本作が自身初の実写映画出演となる。

そのほか追加キャストには、市の観光課職員・宗森周平役に工藤阿須加、作画スタジオ「ファインガーデン」所属のアニメーター・並澤和奈役に小野花梨、『サバク』の制作会社「トウケイ動画」の制作デスク・根岸役に前野朋哉、「トウケイ動画」の宣伝マン・越谷役に古舘寛治、『サバク』の脚本・シリーズ構成の脚本家・前山田役に徳井優、「ファインガーデン」の社長兼アニメーター・関役に六角精児らも名を連ねた。

この記事の画像

「「ウマ娘」サイレンススズカ役・高野麻里佳が実写映画初出演!「ハケンアニメ!」で声優役を担当」の画像1 「「ウマ娘」サイレンススズカ役・高野麻里佳が実写映画初出演!「ハケンアニメ!」で声優役を担当」の画像2 「「ウマ娘」サイレンススズカ役・高野麻里佳が実写映画初出演!「ハケンアニメ!」で声優役を担当」の画像3 「「ウマ娘」サイレンススズカ役・高野麻里佳が実写映画初出演!「ハケンアニメ!」で声優役を担当」の画像4
「「ウマ娘」サイレンススズカ役・高野麻里佳が実写映画初出演!「ハケンアニメ!」で声優役を担当」の画像5