「宇宙空間に労働力を提供する」という野望を持つ「GITAI ロボット」を開発――GITAI Japan 中ノ瀬翔CEO

【メイカーズを追う・5】 2021年8月29日、米民間宇宙企業スペースXは国際宇宙ステーション(ISS)の補給ミッションのために、ファルコン9ロケットを打ち上げた。ロケットから分離され、ISSにドッキングした補給船に積み込まれているのは、2000kg以上にのぼるさまざまな物品だ。その中には、日本のスタートアップGITAIで開発された宇宙用作業ロボット「GITAIロボット」が含まれている。今回は、このロボットをつくりあげたGITAI Japan CEOの中ノ瀬翔氏に、起業、そしてロボット開発の経緯から今後の展望までを聞いた。

取材/エルステッドインターナショナル代表 永守 知博・BCN+R編集長 細田 立圭志 文/小林 茂樹 写真/松嶋 優子

●「情熱の持てる、好きなことがしたい」
 中ノ瀬さんが創業したGITAIは宇宙ロボットのスタートアップ企業ですが、もともと宇宙ビジネスを目指して起業したのですか。
 いいえ、私は宇宙の専門家ではありませんし、理系出身ですらありませんでした。大学卒業後、私はIBMでSEとして業務システムの開発に携わっていたのですが、実際に自分で手掛けたのは設計や要件定義までで、コードを書いて成果物をつくるということはなかったのです。プログラミングは趣味でやっていましたが、上司から「その後の工程は下請企業にやってもらえ」といわれてしまい、面白味が感じられませんでした。
 そこで、もともと起業に関心があったため独立して、インドでITベンチャーを起業し、
編集部おすすめ

当時の記事を読む

BCN+Rの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ロボット」に関する記事

「ロボット」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ロボット」の記事

次に読みたい「ロボット」の記事をもっと見る

ITニュースランキング

ITランキングをもっと見る
お買いものリンク