コロナ禍で増えた空き時間で月10万円稼ぐ方法

コロナ禍で増えた空き時間で月10万円稼ぐ方法
拡大する(全1枚)

現在、東京を中心に新型コロナの第二波が警戒されており、4月、5月から引き続き、時差出勤や在宅勤務を行っている方も多いのではないか。この働き方の変り目は、個人投資を始める絶好のチャンス。明日発売の『一個人』夏号(7月9日発売)で紹介している、毎日5分の投資で月に10万円を稼ぐ「居合い抜き1分トレード」の一部をご紹介!



■初心者でも稼げるデイトレード

コロナ禍によるステイホームを契機に、投資を始める人たちが増えているようだ。増えた在宅時間を有効に使って、賢く儲けたい、そんな投資初心者に、多くの教え子を持つ投資の達人・ソーシャルインベストメント取締役CTOの川合一啓さんが推奨するのがデイトレードだ。



 デイトレードとは、株式などの売買を1日で完結させる取引のこと。ポジションを翌日まで持ち越さず、その日のうちに全て決済する。1日における株価の値動きの中で、安いときに買って高いときに売り、その利ざやが儲けとなる。1日の間であれば、何度でも取引できるのだ。



「デイトレードというと、スマホやパソコンの取引画面から目が離せず、せわしなく売買を繰り返すイメージもあって、初心者には不向きなようですが、そんなことはありません。投資知識が乏しい初心者でも、やり方次第で短時間で効率的に稼ぐことができるのです」



 川合さんによると、デイトレードで重視すべきは取引を行う時間。1日の中で、株価が最もハネる時間帯を狙うべきだという。そして、それはマーケットが開く朝の9時だ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

BestTimesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

ライフスタイルニュースランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る
お買いものリンク