DV“加害者”更生プログラム、重要性高まる…被害者意識の加害者、加害者意識の被害者

 家庭内暴力を表す「ドメスティック・バイオレンス」(以下、DV)関連のニュースが後を絶たない。最近、特に増えているように感じるが、これは長らくひた隠しにされてきた“家庭内の問題”が表に出るようになったと考えるのが適切だろう。

 DVに関しては被害者の救済や支援が最優先事項だが、一方の加害者は野放しになるケースがほとんどだ。そうした現状を受け、日本ではまだ主流ではない「DV加害者向けの更生プログラム」の重要性に注目が集まっているという。

なぜDV加害者の多くが“被害者意識”?

「更生プログラムを受ける加害者の8~9割が30代、40代の男性。プログラムを受けるきっかけの多くは、配偶者からの紹介です。DVに耐えかねた妻が『DV加害者更生プログラムを受けてください』とメモを残して出て行ったことを機に訪れてくるケースですね」

 神奈川県にあるNPO法人女性・人権支援センター ステップの理事長・栗原加代美さんは、そう語る。暴力を振るう加害者は、夫婦関係が崩壊寸前になって初めてステップの門を叩く。しかし、不思議なことにDV加害者の多くは“被害者意識”を抱いているという。

「プログラム受講者の約8割は『俺を怒らせる妻が悪い、自分は被害者だ』と考える傾向があり、みなさん『妻が悪いことを証明しに来た』という発言をします。反対に、DVの被害者は『自分が夫を怒らせてしまった』という“加害者意識”が強い。このように加害者と被害者の関係性が逆転していると、DVの発覚が遅れる原因になってしまいます」(同)


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年7月8日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。