柔道、東京五輪代表選手が決まらない…直前まで決定ずれ込む可能性、全柔連の目算狂う

「これまで積み上げてきたものを崩すわけにはいかない。あとはすべて勝つ」

 東京五輪代表へカド番、崖っぷちだった若侍、阿部一二三(22/日本体育大学)が渾身の試合で息を吹き返した。

 大阪市中央体育館(港区)で11月24日に閉幕した柔道グランドスラム大会初日の22日。男子66キロ級の阿部は、ほんの少し前まで「東京五輪にもっとも近い男」だった。第一人者の丸山城志郎(26/ミキハウス)が怪我などで不在だった間に、神戸市の神港学園高校の生徒だった阿部が急速に台頭してきた。

 2015年11月の講道館杯での最初の対戦こそ丸山が巴投げで仕留めたが、その後、阿部が2連勝し、17年、18年の世界選手権も連覇していた。だが、飛ぶ鳥を落とす勢いだった阿部を昨年のグランドスラム大阪大会で丸山が破ってから逆転。阿部は丸山に勝てなくなり、8月の世界選手権まで3連敗し、五輪へ赤信号が灯るどころか絶体絶命のピンチだった。一方の丸山はこの日、オリンピック代表内定へ王手で臨んだ。今年の世界選手権とこの大会の優勝者は東京五輪に内定と、全日本柔道連盟が内規を決めていたからだ。

 2人は外国人相手に順当に勝ち上がり、準決勝はともに日本人相手。丸山は巴投げの技ありで、阿部は得意の釣り込み腰の一本勝ちでそれぞれ相手を下して決勝へ進んだ。丸山は切れ味鋭い内またや捨身技の巴投げを仕掛けてくる。阿部は体落としや袖釣り込み腰にいこうとする。拮抗したままゴールデンスコア(サッカーでいうゴールデンゴール)の延長戦に入った。1分過ぎ、丸山は2つ目の指導を取られた。あと1つ指導を取られれば丸山は負けとなるが、両者ともにそんなことは関係がないとばかり攻めあう。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月9日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。