吉野家・すき家・松屋、大不評なメニュー6選!創業ビーフカレー、サラシア牛丼

 牛丼業界で激しい競争を繰り広げている“牛丼御三家”こと、吉野家、すき家、松屋が着実に業績を上げているようだ。11月の前年同月比既存店売上では、吉野家が7.3%、すき家が3.1%、松屋フーズが4.2%の増加を記録。9月・10月も3社が揃ってプラスの成績を残しており、その好調ぶりが浮き彫りとなっている。

 さて、切磋琢磨を続けているこの3社は、定番の牛丼以外にもオリジナリティあふれるメニューや、その季節に合った限定商品を送り出している。その分、どこで何を食べようか悩んでしまう場面もあるのではないだろうか。もし不人気なメニューがあるのなら、できるだけ避けたいものだ。

 そこで今回は、「この冬、買ってはいけない3大牛丼チェーンの商品」をテーマに「Business Journal 買うべき・買ってはいけない調査班」が6つのメニューを独断で選出した。さっそく紹介していこう(商品価格はすべて並盛の場合)。

吉野家/サラシア牛丼/445円(税別)

 健康志向の高まりを受け、吉野家が17年より発売している「サラシア牛丼」。公式サイトによれば、「血糖値の上昇をおだやかにするサラシノールを配合」しているとのことで、通常の牛丼並盛より93円高いメニューとなっている。

 気になるのはその味で、ネット上には食べた人々の感想が多数書き込まれているのだが、そのほとんどが「普通の牛丼」というもの。ただの牛丼として味わう分には何ひとつ問題がないともいえるが、サラシノールの効果がいまいちわかりにくいとなると、そこに93円分の価値を見いだせるかは微妙だろう。もっとも、自分では知覚できないところで、しっかりと体が健康になっているのかもしれないが……。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク