安倍政権、消費税「減税」論浮上…日銀、ETF含み損で巨額損失か、揺らぐ中央銀行の信頼

 日本銀行株は3月11日、3.4%安の2万8000円。12日は2万5510円、13日2万5500円と連日、上場来安値を更新した。さすがに週明けの16日は2万8000円(2500円、9.8%高)と反発したが迫力に欠けた。

 株といっても、議決権のない出資証券。JASDAQで通常に売買されている。アベノミクス相場が始動した2012年11月から13年3月にかけて3倍高を演じるなど、金融政策を色濃く投影した値動きをみせるのが日銀株の特徴だ。売買単位は100口。1988年12月の最高値は75万5000円。13日の安値と比較すると30分の1となった。ここ10年来の高値は9万4000円(2013年3月19日)である。

 日銀の黒田東彦総裁は3月10日、日銀保有の株価指数連動型ETF(上場投資信託)の時価が簿価を下回る損益分岐点が、日経平均株価で1万9500円程度に相当することを明らかにした。黒田総裁によれば、「2019年9月末で分岐点は1万9000円程度だったが、その後のETFの買い入れで500円程度水準が上がった」。日銀は年6兆円のETFの購入枠を持ち、19年は約4兆4000億円の買い入れを行った。

 今月13日、一時、日経平均株価は1万7000円の大台を割り込み、1万6690円(1869円安)をつけ、株価は日銀に含み損が出る状況となった。日経平均株価が1万3000円台まで暴落すると日銀は債務超過に転落する、との試算もある。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「消費税 + 経過措置」のおすすめ記事

「消費税 + 経過措置」のおすすめ記事をもっと見る

「消費税 + 軽減税率」のおすすめ記事

「消費税 + 軽減税率」のおすすめ記事をもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月16日の経済記事

キーワード一覧

  1. 消費税 経過措置
  2. 消費税 軽減税率

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。