市川保健所、文書で「コロナ感染疑わしくてもPCR検査対象外に」…重度の肺炎患者に限定

 PCR検査受診のあり方をめぐる議論が日本全国で続いている。そんななか、「コロナウイルス感染が御心配で検査をご希望の方に」と題する文書が、千葉県市川市内のクリニックで発熱症状を訴える患者に配布されている。そこには市川保健所、市川市医師会、新型コロナウイルス対策連絡会の名が記された上で、「重症の肺炎患者以外はPCR検査を行わない」という驚きの方針が述べられていた。果たして、これは本当なのか。

「コロナ感染が否定できない以上外出せず自宅で安静」

 文書では次のように述べられていた。

「発熱症状の患者さんはまず一般診療所で診察し、入院治療が必要となるような肺炎が疑われる患者さんのみを病院にご紹介し、病院が必要と考えたケースのみコロナウイルスのPCR検査を行うことになりました」

「コロナウイルス感染が疑わしい方も肺炎症状がない方は検査の対象にはなりませんし、検査目的に病院を御紹介することはできなくなりました。保健所の帰国者接触者センターも検査や受診の相談、指示は行わないことになりました」

「コロナウイルス感染が御心配な方も検査でコロナ感染かどうか調べることはできませんが、コロナ感染が否定できない以上外出せず自宅で安静にしてください」

 要約すると、PCR検査の受診は「重症の肺炎患者」のみしかできない。肺炎に至らない場合は、「自身の責任で自宅療養を」ということだ。確かに厚生労働省などは、コロナウイルスに感染しているかどうかを見極める一つの指標として特徴的な肺炎のCT画像をあげている。だが、それは指標のひとつであって、検査をするかどうかの結論ではなかったはずだ。また、現時点で肺炎ではない患者も重篤化する可能性がある。


あわせて読みたい

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月15日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。