和歌山・ツタヤ図書館、市が公募前にCCCを内定か…事前に市長と面談、内部資料を独自入手

 昨年秋以降、「関西初“出店”のツタヤ図書館」と話題を集めながら開館が延期になっていた新和歌山市民図書館が、いよいよ6月5日にグランドオープンする。

 それに先駆けて5月18日からは、カフェエリアを除いて一部オープンし、その全貌がようやく市民に公開された。新型コロナウイルス対策のため、当面は椅子に座っての閲覧や学習室の利用ができないものの、2階の一般書と3階の専門書エリアには立ち入り可。本を選んで借りることはできるとのこと。

 運営者は、TSUTAYAを全国展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)。同社は2013年の佐賀県武雄市を皮切りに、15年神奈川県海老名市、16年宮城県多賀城市、17年岡山県高梁市、18年山口県周南市と、たて続けに公共図書館の運営業務を受託。吹き抜け空間の壁面にそびえたつような高層書架を配置。建物内にスターバックスや蔦屋書店を併設したオシャレな空間が人気を呼び、武雄市では年間90万人(公称)もの来観者数があったとして「官民連携の成功モデル」と、各方面から賞賛を浴びた。

 ところが15年9月、武雄市で同社が当時系列下にあった古書店から仕入れた追加蔵書のリストに、ウインドウズ98の入門書や埼玉のラーメンマップなど、除籍されるべき古い実用書が大量に見つかるという不祥事が起き、増田宗昭社長名で謝罪文を出したのがケチの付け始めだった。

 古本騒動は、新装開館したばかりの神奈川県海老名市にも飛び火した。海老名市では、CCCの独自分類がわかりづらく、スタッフですら配架に時間がかかり、来館者も「本を探しにくい」と大混乱。一緒に運営していた図書館流通センター(TRC)がCCCの姿勢を公然と批判し、提携解消を表明(のちに撤回)する騒動に発展した。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク