西村経済再生相、次期首相に意欲…“ポスト安倍”候補、コロナ対応の失態で次々脱落

       

 新型コロナウイルス感染拡大への政府の対応で、次のリーダー候補とみなされてきた「ポスト安倍」の面々の真の実力が露わになってきた。

岸田文雄氏

 まずは安倍晋三首相の意中の人物として大本命視されてきた岸田文雄自民党政調会長(62)。党の経済対策のまとめ役として存在感のアピールに躍起だったが、安倍首相と相談のうえ「条件付きの1世帯30万円」とした現金給付に世論が反発。結局、「一律1人10万円」へと与党の公明党にひっくり返され、閣議決定までした補正予算案を組み直す事態に発展、ミソをつけた。

 第2次補正予算案に盛り込まれる見通しの、売上が激減している事業者のための家賃支援をめぐっても、与党内での議論は中途半端。「全国一律最大50万円」を柱とする自民党案と「独自の家賃支援を実施する自治体への交付金」を主張する公明党案を、ただ並列した形で政府へ提言。調整力のなさを露呈した。

「岸田氏はいい人ですが、突破力は弱い。できるだけ財政支出を絞り込みたい財務省や麻生太郎財務大臣に取り込まれてしまっている。限界が見えた」(自民党中堅議員)

加藤勝信氏

 次は加藤勝信厚生労働相(64)。日本での新型コロナ対策は、1~2月にかけて横浜港に停泊したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」号での集団感染からスタートした。船内で大規模クラスターが発生し、厚労省は連日対応に追われたが、加藤厚労相の存在感は薄く、力強く陣頭指揮を執ったとはいいがたい。


当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月19日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。