『青天を衝け』渋沢栄一の2人の甥っ子は渋沢栄一の娘婿?…複雑怪奇な姻戚関係を考える

渋沢栄一の妻・千代の“尾高兄弟”は実は7人だった

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』第25回(8月22日放送)で、渋沢家の見立てで養子になっていた渋沢平九郎(演:岡田健史)が討ち死に。実兄の尾高長七郎(演:満島真之介)は牢から釈放されたが、廃人のようになってしまい、間もなく病死してしまう。

 尾高4兄弟は尾高惇忠(演:田辺誠一)と千代(演:橋本愛)の半分に減ってしまった――といいたいところなのだが、実際は7人兄弟だったらしい。

・長女 みち 大川修三の妻 
・次女 こう 岡部幸右衛門の妻
・長男 尾高新五郎惇忠  (1830~1901年)
・次男 尾高長七郎弘忠  (1836~1868年)
・三女 千代 渋沢栄一の妻(1841~1882年)
・四女 くに 尾高幸五郎の妻
・三男 渋沢平九郎昌忠  (1847~1868年)

 渋沢栄一(演:吉沢亮)には多くの子どもがいるのだが、そのうち2人が尾高の甥に嫁いでいる。ひとりが千代の姉・みちの子である大川平三郎、そしてもうひとりが惇忠の子・尾高次郎である。栄一と千代は従兄弟同士だった。栄一の子と、千代の兄弟の子もまた従兄弟同士――だと思ったら大間違い。そこが渋沢家のややこしいところである。

 一時期、渋沢栄一の艶福家ぶりがネットで話題となり、大河ドラマの主人公としてはいかがなものか(といわれても今さらどうにもならないんだけどなぁ)といった記事が散見された。しかし、まさか大河ドラマで側室なんか登場させないだろう――と思っていたら、追加キャストに「大阪の女中・大内くに」(演:仁村紗和)との発表があった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

ビジネスジャーナルの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク